ナガメの家づくり日記

2014年3月、ナガメのよい土地に自宅を建てました。デザインも飽きのこない、予算も無理をせず、省エネでナガ~く住める家づくりのために、建築士として施主としてゆる~く情報発信していけたらと思います。
0

6・7月の夏野菜収穫といつかは自家製

今年もぞくぞくと夏野菜の収穫をしています。

6月中旬からまずきゅうり、なす、そしてじゃがいも。
201706夏野菜収穫
じゃがいもは4月2日に植えたもの、きゅうりとナスは5月16日に苗から植えたものです。
じゃがいもは約2ヶ月、きゅうりとナスは約1ヶ月で出来ちゃうんですね。
夏は実りが早い!

でもなぜか、ジャガイモを植えていたあたりにアリの巣が出来ていて、掘ってみると無数のアリが!
う~~ん、ジャガイモがアリ害に会うなんて聞いたことないけど、少し食べられていました。
アリ害がなければもっと取れていたのかもしれませんが、大きい物も出来ていて、十分楽しめました。秋植えもしようと思います。


ズッキーニは去年は受粉がうまくいかなかったのか、結局まともに取れませんでしたが、今年は受粉をわざわざしなくてもどんどん大きくなっていて、いくつか収穫も。
201707ズッキーニ
ズッキーニが家で出来るなんて、ちょっと感動。


201707夏野菜収穫
ピーマンやミニトマトも。


7月に入ってからは、きゅうりとミニトマトが元気で、特にきゅうりはここのところ毎日3~4本収穫できていて、消費が追いつかないほど。
それなのに、ご近所さんからもいただいたり。笑。

20170715畑
きゅうりがワサワサしています。雑草も。
アスパラもワサワサですが、アスパラは植えてから株を大きくするために2~3年は収穫しないほうがいいんだそうです。


他に、しょうが、オクラ、中玉のトマト、枝豆も植えましたが、全て時期が少し遅かったので今のところあまり大きくなっていません。
やはり植え付け時期は大事なんですね。
バジル、大葉も植えていますが、去年も発生した小さなバッタ達にかなり食べられてしまっています。
無農薬できれいに作るのもまた難しいのかな。


でもいつかしょうががたくさんできたらジンジャーシロップ、トマトが食べ切れないほど取れたらトマトソース、バジルもバジルペースト作りなんて出来たらな~。せっかくなので素材から自家製してみたいです。




自家製といえば、梅シロップ。私もオットもお酒が飲めないので、もっぱらジュースです。

6月のはじめに梅シロップを仕込み、
20170604梅シロップ


約2週間で出来上がり。
20170620梅シロップ

我が家の保存ビンは1Lサイズでかなり小ぶりです。
今年は欲張って全部で3キロもの梅を買ってしまい、最初は生の梅で作って、残りは冷凍しました。
今年は生の梅と冷凍梅、氷砂糖のみとグラニュー糖混合、リンゴ酢入りと無しと、、、など、
少しずつ作って比べてみています。

そして毎日炭酸割にしたりお湯割にしたりして飲んでいます。


梅も自家製ができればいいけど、木が和風だし合わないかな~、レモンの木はいつか植えたいけど、とげがあるので、子どもがもう少し大きくなってからと思っています。


そして6月に作ったスワッグ。
201706スワッグ


まだまだ簡単なことしかしていませんが、自宅でずいぶん楽しめることが増えました。


とはいえ、夏の庭は雑草、虫、蚊との戦いの場でもあります。
2週間に1回は汗だくになって朦朧としながら草刈しています。





0

K様邸Web内覧会

北条K様邸3
6月中旬に設計・コーディネートさせていただいたK様邸が完成しました。


施主検査に立会い、ブログ掲載も快くOKいただいていたのですが、なんと、カメラも広角レンズも忘れたので、iphoneで撮った普通の写真しかありません。うう~残念。
後日プロの撮影をしていただくと言うお話だったので、その写真をいただいてから掲載しようかな~~と思っていたら、どんどん時間がすぎてしまって、、、、待ちきれず先にアップしようと思います。後日写真をいただいたら差し替えるかもしれません。





ご夫婦は共働きで、かわいいけれどまだまだ手のかかるお子様お2人。。

ご主人もキッチンに頻繁に立つという事で、こだわりのキッチンです。
北条K様邸2
キッチンの背面にはアクセントになる水色のクロス。

以前担当させていただいたJ様邸の水色のドアの事を何気なく話したところ、我が家も水色入れたい!ということで話はとんとんと進み、リビングのドアと、キッチンの背面も水色でコーディネートしました。

これだけで一気にさわやかなインテリアになりますね。
しかも好みの違う?ご主人と奥様がそろってピタリと気に入られた色でした。笑

キッチンの奥には階段下を利用したパントリー。




キッチンはご主人のこだわりで、ダイニングテーブルとキッチンカウンターを同じ高さで一体にしたいということで、キッチンの床を下げてあります。
バリアフリーにはなりませんが、キッチンカウンターの高さと目線が下がって、より空間が広く感じられます。
北条K様邸5

北条K様邸1
ダイニングテーブルの上は勾配天井。レッドシダーの板貼りです。


北条K様邸4
完成見学会時の写真なのでテレビも生活感もないですが、我が家と同じく造作の浮いてるTVボードを設置。



北条K様邸8
洗面室からは大容量のウォークインクローゼットが続き、そこから物干しスペースに繋がります。
洗面台も写ってないし何も無くて、写真としてはイマ~イチですが、家事動線はばっちりです。


北条K様邸9
階段は折り返しまでスケルトンのスチール階段。
安全性を考えて、上まで一直線の階段ではなく曲がり階段なのですが、空間を広く見せるために下半分はスチール階段になりました。


北条K様邸6
玄関の小窓。かわいいです。
窓の下の窓台を延ばして飾り棚兼用になっています。


北条K様邸7
子供室から拭き抜けへの内窓。
高性能住宅はなるべく、空気を一体化させる方がより空気の温度ムラが無くなり、効果が発揮されます。


見学会中に撮らせていただいたので外観写真が無いのですが、インナーガレージと自転車置き場もあります。



実は今回は、今までとは別の工務店さんの施工です。
そちらはパッシブデザインが得意の工務店さんで、断熱、気密、換気等は私もいろいろ勉強させていただきました。


今回のお宅も
・樹脂トリプルガラスサッシ APW430(YKK)
・外貼り断熱
・外気清浄機トルネックス+第2種換気システム
という仕様。

性能もちゃんと計算されていて、もちろん気密測定も。
・Ua値=0.4
・C値=0.2

素晴らしいです!


性能は工務店さんにお任せできる点でとても安心でした。

愛媛では過剰と思われたり、いまだに気密性が高すぎると息苦しい?とか思う方もいるかもしれませんが、体感してみたら全然そんなことなく、エアコンの効きもとてもよくて光熱費も抑えられ、なにより快適です。



私が担当させていただいたのは間取りやコーディネート。
いくら性能がよい家でもやはり毎日のストレスを軽減する生活動線、毎日触れる素材、好きな色やデザインも同じくらい大事にしたいですね。

ご夫婦でたくさんたくさん悩まれて出来上がったこの家で、これからの毎日、以前より楽しく、ストレスが少なく、快適で健康にお過ごしいただきたいと思います。
K様、Aホーム様、ありがとうございました~~。

0

家はどんな担当者に出会うかで変わる

先週末、知り合いの新築住宅を2件、続け様に見せていただく機会がありました。

1件目はお世話になっている美容師さんの店舗併用住宅。
カットついでに、家見ます?と言ってくださって、遠慮なく上がらせていただきました。
オシャレご夫婦だけにさすがにとーーーってもオシャレ!
アメリカンテイストというかサーファーテイストというか、住まわれて1ヶ月あまり経っているのでインテリアも小物類も充実。ひとつひとつどこで買ったのか聞いて回りたかったです。 いや、今度聞こう。
いろんな建築パーツも自分で探しまくったそうで、めちゃ参考にさせていただきたい!

写真撮りたかったけど、すでに住まわれているお宅だしと遠慮しましたが、最後の最後で我慢し切れず撮らせていただきました。
rootsカーテン
カーテンレールはアイアンのバーで(多分タオルバーとかで売られてるものだと思います)、レースはZARAHOMEのカーテンの余り生地を自分で縫って、それに雑貨やさんで見つけて持っていたクリップで止めただけ、だそうです。こういうの大好き!
大きい窓は難しいですが小窓は逆にこういうのが素敵かもしれません。
お金をかければいいというものではありませんね。



我が家の小窓のカーテンも雑貨やさんで買ったストールをかけています。
1F洋室2
1F洋室3



2件目は友人主催のインテリア講座に参加した時に、隣り合わせになってしかも娘が同じ歳で誕生日が5日違いということで友達になった方の家。
完成見学会にお邪魔させていただきました。
知り合いになった時点ですでに建築中で、いろいろこだわっていそうだったので見せていただくのが楽しみでした。

玄関土間がリビング、パントリー横まで続いて、機能的な上にご主人の趣味の自転車がインテリアにもなるというレイアウトや、腰掛けられる窓!いいな~。巾木無しのすっきり仕上げなどなど、こちらも見ごたえ満点。

担当者さんも大変でしたけど頑張りました~と笑いながらおっしゃっていました。いい関係性だったのが伺えます。

見るのと話に夢中になって、写真撮っていいですかと聞く事さえ忘れてました。残念。



2件ともお施主様のセンスが抜群で、それに答える建築側はかなり大変だっただろうけど、いい経験をさせてもらって面白かっただろうな~と思います。




ずいぶん前から書きたいと思っていたことなのですが、家づくりは本当に、「お施主様と担当者のコラボレーション」です。

特にデザイン面では相性がよければよいほど、設計者とお施主様の好みが近ければ近いほど満足度が高いものになると思います。
私も、お客様が「こんな感じがいいんです」と持ってきていただく雑誌の切り抜きなんかを見てテンションが上がります。
それいいですね~~こうしましょこうしましょと相乗効果が高まります。
ですが、好みや得意分野が違う場合、何を提案していいのか分からなかったり、いい提案が出来ないままだったり、相乗効果は生まれません。

なので、どこに依頼するか迷うときは設計者の施工例をちゃんと見させていただくことが大事だと思います。

間違っても、知り合いだからとか、いい人そうだからとか、断りづらいからとかそういう理由で工務店や建築家を選んではいけません。
その工務店や建築家の施工例をできれば多く見て、この家ストライク!って思える物件がなければ、やめた方がいいかもしれません。



たとえば私なら、めちゃめちゃかっこいい斬新なデザインの家や、性能はどうでもいいんですという方、純和風がいいんです!という方は、どんな仲のいい友人でも、私ではなくその分野に得意な方に依頼されるようお願いします。
いろいろさせていただいた方が私の経験にはなりますが、その方が絶対にいい家が出来ます。

伝統建築住宅
近所で建った純和風住宅。これはこれですごいかっこいいと思うけど、今の私の知識では無理です。




それとは別なのが性能面です。特にこの四国では、こんな暖かい地域で樹脂サッシなんてそこまでいらないですよ、とか、気密性をあげてもあんまり意味ないですよとか、担当者さんにそう言われたら、プロがそう言うんだからそうなんですね~って思ってしまうと思います。
よっぽど勉強家のお施主さんでないかぎり、担当者の知識や考え方の違いによって完成する家の性能は大きく大きく変わると思います。性能が変われば快適性、光熱費も大きく変わります。
そして、まだまだ建築側の性能に対する知識はそれぞれが本当に千差万別です。どんな設計者、担当者に出会えるか、誰を信用するかによって大きく左右されます。



我が家は建てるとき、樹脂サッシへの変更や気密測定などを行うたびに工務店の方から、愛媛では必要ないと思いますけどね~と言われ、そのたびに少し心が揺れました。

実際に建てて冬にエアコン1台で暮らせるようになってからは、自信を持って性能は上げた方がいいとお客様に言えるようになりました。費用も多少アップするので、そこが難しいのですが。



誰が言っていることが絶対正しいのか、性能がいい家が絶対いいのかは、もしかしたら20年30年後にならないとわからないかもしれません。
ですが、知識がないまま今までの常識的な考えだけで、いらないですよと言う人も多いので、注意が必要です。


私もまだまだ未熟者で、パッシブデザインのことは毎回迷いながら、確認申請は右往左往しながら、簡単な物件なんてひとつもなく、いろいろな経験をさせていただいているのに、なんだか誰目線?なエラそうな事書いちゃいました。すみません。




これから家を建てる方は、「好みが合う」、そして「誠実で知識があって家作りが好き」な、その方にとってのいい担当者さんに出会ってほしいな~と思います。
もしかしたら、それが一番重要なことかもしれません。





0

テーブル上をスッキリ楽チンに

ずいぶん更新出来ませんでした。仕事のことも庭のこともいろいろ書きたいことは溜まってるんですけどね~。
この記事も書き始めたのは1ヶ月近く前。。。汗



我が家のダイニングテーブルはキッチン横並びです。

DK.jpg
新築1年目の写真。気にいったものは季節関係なく使い続けるので、今も基本的には変わっていません。でも、モノはやっぱりちょっと増えたな~

対面キッチンより、回り込まなくていいので楽です。
この配置を希望されるお客様もずいぶん増えてきました。実際、楽なので、オススメです。


キッチンカウンターはフラットにはせず、立ち上がりを付けて手元は隠れるようにしています。
なのでダイニングテーブルとキッチンカウンター上の高さとの差が30cmほどあります。
ここを利用して、今まで卓上の電気ポットや、いちいち出すのはめんどくさいであろう、普段使いのお箸やしょうゆ、ポン酢、ティッシュなどを置いていました。そしてカウンター上にはお菓子入れやコースターなど。
オカモチ前


。。。。が、いまいち納まりが悪い、、、、。

夫婦2人だけの時は別によかったのですが、子供が、ベビーチェアで食べるようになって私たち夫婦の位置もベビーチェア寄りになったんです。そうなるとお箸やしょうゆやティッシュなども手を伸ばしてやっと届く位置。
いや、そんな大きいテーブルじゃないので、手を伸ばせば届くんですけどね。
それがめんどくさいという、、、どんだけズボラ~~~笑。

それに、動かしたらつい戻さないでそのままが多いので、いつも乱雑な感じだったのが嫌だったんです。


それならばと以前、友人のお店で見て気になっていた「オカモチ」というものを購入しました。
作家さんのものなので、ちょっとお値段は張りますが、一生ものになります。きっと!


これを機に電気ポットはキッチンの背面カウンターに移動。
そもそもお茶やコーヒーを飲みたいときにすぐ楽チンに淹れられるようにと思ってダイニングかウンターに置いていたのですが、カップやコーヒー豆などは背面カウンターにあるわけで、断然電気ポットも同じ背面カウンターにある方が便利!

今となってはなぜ私はダイニングテーブル上に置くことにこだわっていたのか。。。。謎。


そしてこうなりました。

オカモチ後1

スッキリ
底面の四隅にフェルトを貼って、テーブル上を滑らかに移動するようにしました。
食べるときだけ、このオカモチごと移動させれば、楽チン。
しかもステンレス+持ち手はオークで、我が家にピッタリ。


スッキリし過ぎたので、横に花でも飾って素敵カフェダイニングっぽくしようかともおもいましたが、1歳児が愛でてくれるはずがなく、ソッコー断念。代わりにむか~しに買って、ほぼ使い道が無くなっていたけどお気に入りのカゴ収納を置いて、箸置きやコースターなどをいれました。
さらに楽チン!サイズもミラクルにピッタリ。

オカモチ後2


楽チンで、しかも出しっぱなしでもスッキリ見えて、満足満足。


ちなみにティッシュケースはこれ。


ボックスティッシュの半分の量しか入らないので、ティッシュヘビーユーザーのオットには不評ですが、このスペースで納まる形が私が気に入っていて、無くなったら私が入れるから!とこれにしています。
「使いやすいのにかっこいい」モノが大好きな私ですが、珍しく「ちょっと使いにくいけどかっこいい」モノです。

でもプラスチックなのでこれを気によく見てみると、真っ白だったのがだいぶ黄ばんできています。う~~ん。

これとかいいなと思うけど、高いな~
90087536.jpg


気にいったものはボロボロになっても使い続けてしまうので変え時が難しいですね。

でも「とりあえず、」買ったものでも、壊れない限りなかなか捨てられないですよね。
そういうことを繰り返し、40代になってようやく、とりあえずの安易な買い物が少なくなり、気に入るものが見つかるまではなるべく探すか、見つかるまで買わないようになりました。
とはいえ、失敗もまだまだありますが。。。。


なにが趣旨の記事かわからなくなってきましたので、このへんで。









0

畑拡張とウッドデッキ塗装

先週末、予定通り、九州から両親が来てくれました。
私の父は74歳、母は68歳。父は大工仕事、母はガーデニング、そして2人とも畑仕事が得意で、元気でパワフルです。

金曜夕方に来て日曜まで、ウッドデッキの再塗装、畑の拡張、庭づくりなどいろいろ手伝ってもらうことが出来ました。


主に畑拡張を父。庭全体の剪定を母、デッキのメンテナンスを私。そして子守がオット。

ウッドデッキは先週試しにした方はミニサイズで、しかも子供の昼寝時間に慌ててやったのですが、今回は土曜に水洗い、日曜に塗装することにしました。

水洗いしたのは、結構砂汚れや鳥の糞や、少し緑っぽくなっているところもあったりして、サンドペーパーで汚れを落とすより一気にブラシでゴシゴシしながら水洗いする方が楽だったからです。
↓before
201705271023.jpg


ブラシをかけたらこんなに色が落ちました。
↓after
20170528114628.jpg
写真じゃあまりわからないですね~~。

結果的に色ムラが少なくきれいに仕上がったと思います。
20170528142249.jpg

ミニサイズの方も焦らずに水洗いしたらよかったかな。。


最後のデッキは物干しスペース。
こちらも水洗い。どちらも屋根がかかっている分、雨のかかりが少なくて、逆に汚れています。
20170528105209.jpg
水洗いしたらこちらもかなり白くなりました。
20170528112347.jpg
塗り途中。。。この色の差!


この物干しスペースの目隠しルーバーも。
20170527115536.jpg
実は上から2枚目だけが当初から色が薄かったんです。
たまたま板の吸い込みが悪くて色が着かなかったんでしょうか?

20170528142235.jpg
今回ついでに塗り塗り。目立たなくなりました。


ついでに境界の板塀の天板やところどころ色が落ちている箇所も塗り塗り。
20170528114548.jpg


20170528153239.jpg
デッキチェアもついでにメンテナンス。
以前使った玄関ドアメンテ用のオスモのワックスで塗り塗り。


ふわ~~。塗りまくりました。笑



そして父は畑の拡張。
金曜の夕方に到着するなり取りかかり。
20170526173949.jpg
娘の相手もしながら。
20170526175336.jpg


まず耕しながら放射状に根付いてしまっているクローバーや雑草、大小の石を取り、家から持ってきてくれた堆肥、苦土石灰を混ぜ、枠を広げ、
201705271016.jpg

完成。
20170528170152.jpg


すごいです。さすがです。畑が3倍くらいになりました。
20170528150231.jpg
20170528150327.jpg
その枠で娘は平均台遊びをします。笑


母は細かい部分の草刈り、伸びすぎている花や木の剪定などなど。
ガンガン切られました。笑。それから花苗の植え付けまで。
こちらもすごいです。さすがです。

そしてきれいに草刈り機で除草。
20170528170145.jpg

見違えるような庭になりました。気持ちイイ~~~。



両親が元気なだけでもありがたいのに、私一人では到底出来なかったことがガンガン出来ました。
ありがたい~~~~。゚(゚´Д`゚)゚。。

もちろんオットが子供の面倒を見てくれていたからというのもあります。


5月は季節もとても気持ちよくて、夏や冬と違って体も動くし、洗濯物も塗装もすぐ乾くし、メンテナンスに最適な時期だと思います。

毎年5月はメンテナンス月間にしていこうかな~と思います。