ナガメの家づくり日記

2014年3月、ナガメのよい土地に自宅を建てました。デザインも飽きのこない、予算も無理をせず、省エネでナガ~く住める家づくりのために、建築士として施主としてゆる~く情報発信していけたらと思います。
0

J様邸Web内覧会 その後

先週末、以前お引渡ししたJ様邸の雑誌掲載のための取材&写真撮影があったので、お伺いしてきました。
時々遊びに行かせていただいていましたが、外構が完成してからは初。


お引渡しのときは外構は最低限でガレージ土間のコンクリートとアプローチのみでしたが、それはご主人が自分で芝貼りをする予定だったから。

見事にきれいな芝庭ができていました。
J様邸芝生
すばらしい!!うらやましい!!


そして道路側の方も。。。。
芝+シンボルツリーで十分素敵かなと思っていたのですが、
ちゃんと外構やさんに依頼して素敵なドライガーデンができていました!
J様邸アプローチ
やっぱりこういうのはプロのデザインは違いますね。

そして、お金をかけるところと、かけずに自分たちで頑張るところのメリハリがとっても上手です。



外観はグレーのシンプルな形状ですが、前の壁の裏側に自転車置き場があり、雨にぬれないようになっています。J様邸外観

そしてガレージの奥の芝庭のさらに奥にウッドデッキがあり、道路からはプライベートスペースは見えにくくなっています。

この夏はたくさんの人が遊びに来てバーベキューも何度もしたそうです。
ご近所とも仲良くなってとても楽しそうでした。ご夫婦のお人柄が表れています。


家を建ててから外構を考えるうちに植物の魅力にはまり、今では多肉植物がご夫婦共通の趣味になったそうで。
以前にも増してラブラブになっていました。笑
家を建ててガーデニングに目覚める方意外と多いです。
多肉鉢
J様邸アプローチ2


インテリアもとっても素敵になっていました。
J様邸キッチン


今後もいろいろ計画中のようです。
自分の家は自分でカスタマイズできるのがいいところですよね。
楽しみです!


0

造作食器棚のメンテナンス

新築して3年も経つとメンテナンスに気が行きます。

最初のころは掃除しなくてもきれいだったけど、気が付けば意外と汚れていて、今ならちょっと頑張ってメンテすればまだきれいな状態に戻るからかもしれません。
ずっとほっときっぱなしで何もしないでいて汚れがどうにもならない状態になってしまう前になるべくメンテして行きたいと思います。

家を建てるまで特に掃除好きだったわけでもないんですけどね~。今ではどこかへ出かけるより掃除したいなんて思ったり。

というわけで今年はメンテ記事多めですね。



先日も、造作の食器棚を大掃除。
仕舞うのが苦手で、オープン棚なので埃がたまりやすいと思われるかもしれませんが、意外とそうでもないです。
使うものばかりを置いているので頻繁に出し入れしているからだと思います。


我が家の食器棚は作りつけのタモという樹種の集成材でクリアオイル仕上げ
いわゆる「造作」(ぞうさく)というやつです。

そういうものはあまり水拭きをするとオイルの効果が早く飛んでしまって、シミや汚れが付きやすくなります

というのを言い訳?にあまり水拭き等はしていませんでした。
何かがこぼれたときだけ軽く拭くくらい。

なので、あまりメンテは必要ないと思っていたのですが、よく見ると意外とシミも増えていたり白っぽくなっていたりして、1段だけ食器を下ろして拭いたら止まらなくなり、最終的に全部出しました。
食器棚before1

こうなったらカウンターも全部オイル掛けまでやってみよう!と気合が入りました。



やり方は友人の主催するインテリアセミナーで家具のメンテの教わったのでそれを参考に。

最初にざっと埃を取るために固めに絞ったふきんで水拭き。
そしてシミの部分はメラミンスポンジでこすってみたりサンドペーパー掛けをしました。

食器棚カウンターbefore2
意外とメラミンスポンジで汚れがとれました。
メラミンスポンジで取れないところはサンドペーパーで。サンドペーパーは少し粗い#240でザザザ~ッと掛けて、目立たないようになったらその後#400で仕上げ。サンドペーパーはシミや傷の部分の周囲も広めに掛けたほうがあとから目立ちにくいです。

そしてサンドペーパー掛けで出た木粉等を拭いて、乾いてからオイル掛け。
インテリアセミナーで使ったオイルは家具屋さんやプロがよく使ってるものらしいのですが、私にはちょっと匂いがきつめだったので、うちにたまたまあったこのオイルを使ってみることにしました。

old village lemon oil
たぶん、たまたま送料対策か何かで買ったものだと思う。

かなりマイナーなもののような気がしますが、これがなかなかよかったです。ほのかなレモンの匂いで、乾いたらほぼ無臭。

一度ウエス(捨てないでとっておいたTシャツを切って使いました)で塗りこみ、30分くらいして乾いたウエスで空拭き。乾きも早いしそれでいて自然な艶が出て、めちゃめちゃいい感じ。

予想以上によみがえりました

食器棚カウンターafter2


特にシミが目立っていた部分
食器棚カウンターbefore1
も、
食器棚カウンターafter1
目立たなくなってる!


そして食器もよく使うものだけ戻して、完了。スッキリ。
食器棚after1

最上段はいつのまにか物が増えていたのですが、埃が意外とたまっていたので、やっぱり安易に置くのはやめようと思いました。
食器棚after2

予想以上にいい感じになったので、オイルはまだまだあるので、ほかのいろんな部分、窓台やカウンターもやっていきたいと思います。



実はダイニングテーブルがシミだらけなのです。ここが一番の難所。
シミが多いので、時間がかかると思うと、毎日使う場所なのでなかなか掛かれません。

でもほっとくほどにさらにシミが増えるので、ちかいうち頑張ろうと思います。


0

井戸水でプール

ず~~っと書けていませんでした。
仕事量のピーク(あくまでも自分比ですが)が、ずーーーっと続いていて、ブログ書くより図面描かなきゃと言う日々。
ありがたいです。
お盆前にそのうちの1件が上棟を迎え、ようやくほっと一息つきました。


自宅プール1

毎日暑いですね。我が家では初の自宅プールをやってみました。




うちには元々の敷地に井戸がありました。

掘りぬき井戸っていうんでしょうか?今どきはまあまあ珍しいですよね。
beforeはこんな感じでだいぶ汚かったです。
井戸before1

旧家では水道を引かずにこの井戸水を生活用水としていたようですが、ずいぶん長いこと空き家状態だったので、汚れてしまったそう。
枯れてなければまた使っているうちにどんどんきれいになるよと聞き、新築のときにつぶすこともできたけど、なんだかもったいないし、愛媛は夏に水不足になることもあるそうなので、残すことにしました。

井戸before2
囲いもつけてもらって、ネットで買った手押しポンプを設置して、あと、庭用の水栓2ヶ所に接続してもらいました。

井戸before3
なつかしいな~。




家を建てたころは子供のために家でプールをするなんて考えもしていませんでした。

眺めがいい場所なので、その方向にウッドデッキは作ったのですが、その近くに作った水栓は先ほどの井戸からポンプでつないでいるもの。庭の散水用に井戸水を使うつもりだったのです。

実際、とても活用しているのでそれはそれでよかったのですが、プールに井戸水は大丈夫なのでしょうか?
まだ2歳になったばかりなので飲んでしまうかもしれません。


ということで、水質検査をしてみました。


最初は業者さんに来てもらうつもりでネット検索していたのですが、簡易な水質検査キットや、水を採取して送って検査を依頼する宅配の会社など、意外とたくさんありました。
簡易なもので自分で検査するだけではちょっと不安だし、業者さんに来てもらうのは結構お金掛そうだし、、、、と自分で水を採取して、送って検査してもらうことにしました。

利用したのはここ
https://www.hiyoshi-online.com/


すぐに検査キットが届いて
水質検査1


水質検査3
おお~なんか本格的!
しかもめっちゃ多い。
水質検査2

採取して、送りました。



そして約10日後に結果が届きました。

検査項目51項目中
・一般細菌  280個/ml  (基準値は100以下)
・濁度     2.5度      (基準値は2以下)


どうやら、飲用にするには、一般細菌とやらが多く、にごりも少しだけ多いようで、飲用不適となっていました。


一般細菌はどこにでもあるもので、蛇口に付いているものが含まれたりすることも多々あるらしく、再度採取したら大丈夫だったとかもあるそうで、う~ん、ちゃんと滅菌したり、せめて拭いたりして採取すればよかった。←めんどくさくてしなかったんです。


でもその他の検査項目はすべて問題は無し。



これってどういうこと?

まあ、飲まないようになるべく見ていればおそらく大丈夫だろうとプール決行しました。
プールが小さすぎて浸かるほどじゃなかったからか飲むことは無さそうでしたけど。


でも体調がイマイチなときやお友達も呼んでの井戸水プールはちょっとやめといたほうがいいのかな~。


次の日も。
自宅プール2

確かにちょっとだけ濁ってるような??


一般細菌が通常より多いので、これを滅菌する方法があったりするのか、そもそも大丈夫レベルなのかよくわかりません。
やっぱり高くても業者さんに来てもらっていろいろ教えてもらえた方がよかったかなとちょっと後悔。

いつか、詳しい人に聞ける機会があったら教えてもらおうと思います。





0

6・7月の夏野菜収穫といつかは自家製

今年もぞくぞくと夏野菜の収穫をしています。

6月中旬からまずきゅうり、なす、そしてじゃがいも。
201706夏野菜収穫
じゃがいもは4月2日に植えたもの、きゅうりとナスは5月16日に苗から植えたものです。
じゃがいもは約2ヶ月、きゅうりとナスは約1ヶ月で出来ちゃうんですね。
夏は実りが早い!

でもなぜか、ジャガイモを植えていたあたりにアリの巣が出来ていて、掘ってみると無数のアリが!
う~~ん、ジャガイモがアリ害に会うなんて聞いたことないけど、少し食べられていました。
アリ害がなければもっと取れていたのかもしれませんが、大きい物も出来ていて、十分楽しめました。秋植えもしようと思います。


ズッキーニは去年は受粉がうまくいかなかったのか、結局まともに取れませんでしたが、今年は受粉をわざわざしなくてもどんどん大きくなっていて、いくつか収穫も。
201707ズッキーニ
ズッキーニが家で出来るなんて、ちょっと感動。


201707夏野菜収穫
ピーマンやミニトマトも。


7月に入ってからは、きゅうりとミニトマトが元気で、特にきゅうりはここのところ毎日3~4本収穫できていて、消費が追いつかないほど。
それなのに、ご近所さんからもいただいたり。笑。

20170715畑
きゅうりがワサワサしています。雑草も。
アスパラもワサワサですが、アスパラは植えてから株を大きくするために2~3年は収穫しないほうがいいんだそうです。


他に、しょうが、オクラ、中玉のトマト、枝豆も植えましたが、全て時期が少し遅かったので今のところあまり大きくなっていません。
やはり植え付け時期は大事なんですね。
バジル、大葉も植えていますが、去年も発生した小さなバッタ達にかなり食べられてしまっています。
無農薬できれいに作るのもまた難しいのかな。


でもいつかしょうががたくさんできたらジンジャーシロップ、トマトが食べ切れないほど取れたらトマトソース、バジルもバジルペースト作りなんて出来たらな~。せっかくなので素材から自家製してみたいです。




自家製といえば、梅シロップ。私もオットもお酒が飲めないので、もっぱらジュースです。

6月のはじめに梅シロップを仕込み、
20170604梅シロップ


約2週間で出来上がり。
20170620梅シロップ

我が家の保存ビンは1Lサイズでかなり小ぶりです。
今年は欲張って全部で3キロもの梅を買ってしまい、最初は生の梅で作って、残りは冷凍しました。
今年は生の梅と冷凍梅、氷砂糖のみとグラニュー糖混合、リンゴ酢入りと無しと、、、など、
少しずつ作って比べてみています。

そして毎日炭酸割にしたりお湯割にしたりして飲んでいます。


梅も自家製ができればいいけど、木が和風だし合わないかな~、レモンの木はいつか植えたいけど、とげがあるので、子どもがもう少し大きくなってからと思っています。


そして6月に作ったスワッグ。
201706スワッグ


まだまだ簡単なことしかしていませんが、自宅でずいぶん楽しめることが増えました。


とはいえ、夏の庭は雑草、虫、蚊との戦いの場でもあります。
2週間に1回は汗だくになって朦朧としながら草刈しています。





0

K様邸Web内覧会

北条K様邸3
6月中旬に設計・コーディネートさせていただいたK様邸が完成しました。


施主検査に立会い、ブログ掲載も快くOKいただいていたのですが、なんと、カメラも広角レンズも忘れたので、iphoneで撮った普通の写真しかありません。うう~残念。
後日プロの撮影をしていただくと言うお話だったので、その写真をいただいてから掲載しようかな~~と思っていたら、どんどん時間がすぎてしまって、、、、待ちきれず先にアップしようと思います。後日写真をいただいたら差し替えるかもしれません。





ご夫婦は共働きで、かわいいけれどまだまだ手のかかるお子様お2人。。

ご主人もキッチンに頻繁に立つという事で、こだわりのキッチンです。
北条K様邸2
キッチンの背面にはアクセントになる水色のクロス。

以前担当させていただいたJ様邸の水色のドアの事を何気なく話したところ、我が家も水色入れたい!ということで話はとんとんと進み、リビングのドアと、キッチンの背面も水色でコーディネートしました。

これだけで一気にさわやかなインテリアになりますね。
しかも好みの違う?ご主人と奥様がそろってピタリと気に入られた色でした。笑

キッチンの奥には階段下を利用したパントリー。




キッチンはご主人のこだわりで、ダイニングテーブルとキッチンカウンターを同じ高さで一体にしたいということで、キッチンの床を下げてあります。
バリアフリーにはなりませんが、キッチンカウンターの高さと目線が下がって、より空間が広く感じられます。
北条K様邸5

北条K様邸1
ダイニングテーブルの上は勾配天井。レッドシダーの板貼りです。


北条K様邸4
完成見学会時の写真なのでテレビも生活感もないですが、我が家と同じく造作の浮いてるTVボードを設置。



北条K様邸8
洗面室からは大容量のウォークインクローゼットが続き、そこから物干しスペースに繋がります。
洗面台も写ってないし何も無くて、写真としてはイマ~イチですが、家事動線はばっちりです。


北条K様邸9
階段は折り返しまでスケルトンのスチール階段。
安全性を考えて、上まで一直線の階段ではなく曲がり階段なのですが、空間を広く見せるために下半分はスチール階段になりました。


北条K様邸6
玄関の小窓。かわいいです。
窓の下の窓台を延ばして飾り棚兼用になっています。


北条K様邸7
子供室から拭き抜けへの内窓。
高性能住宅はなるべく、空気を一体化させる方がより空気の温度ムラが無くなり、効果が発揮されます。


見学会中に撮らせていただいたので外観写真が無いのですが、インナーガレージと自転車置き場もあります。



実は今回は、今までとは別の工務店さんの施工です。
そちらはパッシブデザインが得意の工務店さんで、断熱、気密、換気等は私もいろいろ勉強させていただきました。


今回のお宅も
・樹脂トリプルガラスサッシ APW430(YKK)
・外貼り断熱
・外気清浄機トルネックス+第2種換気システム
という仕様。

性能もちゃんと計算されていて、もちろん気密測定も。
・Ua値=0.4
・C値=0.2

素晴らしいです!


性能は工務店さんにお任せできる点でとても安心でした。

愛媛では過剰と思われたり、いまだに気密性が高すぎると息苦しい?とか思う方もいるかもしれませんが、体感してみたら全然そんなことなく、エアコンの効きもとてもよくて光熱費も抑えられ、なにより快適です。



私が担当させていただいたのは間取りやコーディネート。
いくら性能がよい家でもやはり毎日のストレスを軽減する生活動線、毎日触れる素材、好きな色やデザインも同じくらい大事にしたいですね。

ご夫婦でたくさんたくさん悩まれて出来上がったこの家で、これからの毎日、以前より楽しく、ストレスが少なく、快適で健康にお過ごしいただきたいと思います。
K様、Aホーム様、ありがとうございました~~。