ナガメの家づくり日記

2014年3月、ナガメのよい土地に自宅を建てました。デザインも飽きのこない、予算も無理をせず、省エネでナガ~く住める家づくりのために、建築士として施主としてゆる~く情報発信していけたらと思います。
0

玄関収納に収納するもの

今日は我が家の玄関収納のご紹介です。

玄関収納3
図面の①から見た写真。)
いきなり生活感あふれる写真ですみません。


我が家の玄関収納は家族用の玄関であり、そのままパントリーに続き、パントリーはキッチンにつながり、勝手口もあります。
言葉で書くとよくわかりませんね。
図面ではこうなっています。

1階 平面詳細図 玄関収納


パントリーはキッチン続きで食品庫でもあり、庭作業用の勝手口でもあります。
家庭菜園をする前提でしたので、我が家はこういう動線にしました。

だいぶ前にも書きましたが、勝手口を出たところには外部のシンクと収納があります

ですが、動線を優先すると、通路やドアが必要になり、逆に壁が少なくなって収納量が減りますのでよく考えないといけません。
我が家もまだ家庭菜園をそこまでしていなかった頃は、玄関ドアとそう離れていないので、勝手口の必要性が薄くて、この通路が壁だったらもっと収納量が増えていたのになと思ったりもしていました。
今は勝手口の方をフル活用しているので、この動線にしてよかったと思っていますが。


玄関収納の土間側にはレインコート、傘用の可動バーを土間部分に濡れたままかけてもいいように設置しています。

玄関収納5
②の写真
写真では分かりづらいですがベビーカーも。

その上にはDIY用具や自転車用具、メンテナンス用具など、細々した物は100均で買った靴(多分)の箱にラベリングして収納しています。


振り返って土間を上がるとこちら。
玄関収納2
③の写真

W910の壁分が靴の収納。片方の袖壁が厚さ30mmの薄壁なので、内寸は860mmほどあります。
玄関収納6
④の写真

1段に付き、ここにオットの大きめの靴はちょうど4足、私の靴はちょうど5足納まりました。
そんなに靴は持っていないし、この棚内で納まる分しか持たない予定。
予定外なのは子供の分でしたが、私のあまり履いていない靴を処分したり、棚を1枚増やせば大丈夫そうです。
ロングブーツもほとんど履くことが無くなったし断捨離しようかな。

そして、反対側のスペースに奥行きの浅い棚を作ってストール、帽子用のフック、出かける時にさっと持ち出せるようにマスク、タオルハンカチ類やティッシュ、鍵用のフックがここに。
玄関収納7
⑤の写真


ドアを付けた方がちゃんと目隠しできてスッキリすると思いますが、開き戸を付けると開いた裏側が使いにくくなり、引き戸にすると引く側の壁が何も使えなくなって、スペースはあるのにロスが増えます。
引き込み戸にするとドア下に砂等が入ってしまうとメンテナンスしにくいとか、、、、かなり広い玄関収納でないと結構難しいです。
しかもよく使う場所ゆえに多分ドアは開きっぱなしにしそう。。。

そういう場合オススメしているのはのれんです。

私は気に入るのれんが見つけられなかったので、雑貨やさんで安く買ったフリークロスと以前使っていたカーテンのレースの生地をザザザっと縫って作りました。仮のつもりが、来られる方に褒められるうちにすっかりお気に入りに。笑




ちなみにパントリーには来客用の食器類、お米、乾物類、ストック類、土鍋、カセットコンロなどなど。
玄関収納9
⑥の写真)パントリーは引き戸を開けるとキッチンに繋がります。

玄関収納11
⑦の写真
ごちゃごちゃしたものは全てこっちにおいています。
ここがあるおかげで、キッチンの方は本当によく使うものばかりを置いていられるのですっきり出来ます。

とはいえ、改めてこう書くと、全然分類出来ていないな~。
造作キッチンで、かなり予算削減したので引き出し類がないのです。
システムキッチンで、内部をいろんな工夫をされてすっきり収納されている方のブログを読むと、やっぱりシステムキッチンの方が収納量は多いし、よく考えられてるな~と思います。
いつかリフォームする時が来たら背面収納に引き出し付けたいな~



なんだか話がどんどんずれましたが、やっぱり玄関に土間収納があるととても便利です。
この玄関収納があるおかげで、玄関ドアを入った正面はだいたいすっきりが保てています。
IMG_3940.jpg
⑧の写真


玄関周りに収納したい物は靴だけではありません。
傘、レインコート、鍵類、その他は家族構成や趣味にもよりますが、ベビーカー、自転車、ヘルメット、子供の遊び道具、キャンプ用品、ガーデニング用品、クーラーボックス、ゴルフバッグ、スキー用品、回収用の新聞紙、ダンボール類、かばん類、冬ならコート類、いただき物の野菜とかみかんとか!などなど。。。。。。
暮らし方によってほんとに様々です。
玄関を多少狭くしてでもこれらが納まるような玄関収納又は他の部分に収納を考えておければ、結果的には玄関が広く使えます。

今新築やリフォーム予定の方は靴の量やいろいろなものの収納場所をなるべくよく考えておくことをオススメします。
とは言ってもなかなかきっちりは想像できませんよね。
せめて持っているもの、ここに置きたいものなどを設計担当者に伝えてみてください。



でもそういえばHMで建てた友人宅は広い玄関で収納が無く、オープン棚を自分で設置して靴を見せる収納にしていました。
あれはあれでかっこよかったな~。
あ、、、それを思い出したら、今日の記事は微妙ですね。ですがここまで書いたのでアップしちゃいます。笑



0

我が家自慢の車寄せビルトインガレージ

やたらと雨が多いですね。
そういうときに、ビルトインガレージを作ってよかったなと思います。

ガレージ4


すみません。今回は我が家自慢です。てへへ。

我が家は自称豪邸です。笑
その一番の目玉がこの車寄せタイプのビルトインガレージです。

車寄せ?ドライブスルー?
何かいい表現はないものか??





以前住んでいたマンションの時は機械式の立体駐車場で、入れにくい&時間がかかるで、雨の日や寒い冬は外出すら億劫になっていました。
その前の京都住まいの時は普通の駐車場だったのですが、真冬はガラス面が凍っていたり、逆に夏は灼熱地獄。


ビルトインガレージはずっと憧れでした。


ですがもちろん予算が上がるし、建築面積に入ってくるので、建蔽率の低い用途地域によってはそもそも作れない場合もあります。


ですが、うまく入ればメリットは多々あります。

①雨の日でも濡れない。
外出先が地下駐車場だったり屋根つき駐車場だったりすれば、傘無しで全く濡れずにすみます。
私は雨の日の買い物は立体駐車場のある大型ショッピングセンターに行きます。
むしろ、大雨なら洗車になるかもくらいな気持ち。笑


ガレージ5
玄関出るとこんな感じ。

②それから、夏に車の温度が上がりません。よく、真夏は車内の温度もめちゃ高くなったり、ハンドルが握れないくらい熱くなっちゃったりしますよね。
それから子供が出来て気づきましたが、チャイルドシートもめっちゃ熱くなります。ただでさえ汗っかきな子供をここに乗せるのはかわいそうになります。

③雨ざらしではないので洗車回数が減った。

④車の温度変化が少ないので、故障が少ない気がする。(あくまでも気がするですけど。)購入して5年目ですが一度も故障無しです。今は当たり前??笑


加えて我が家のガレージは通り抜け出来るようになっています。
これはほんとに無駄に広い敷地ならではです。

以前勤めていた工務店で、同じような田舎暮らしの広い敷地での案件がありまして、そのお宅でこのホテルの車寄せスペースのようなガレージを作ったのですが、それがずーっと頭の中にあったんです。

プランニングの時、オットに相談したら、車好きのオットは目を輝かせて、ぜひやろうということになりました。
敷地形状が違うので、図面上では大丈夫でも、もしかしたら使いにくくて、毎回何度も切り替えしが必要だったりしないか少し心配でしたが、我が家は小さめの車なのでピッタリでした。

ガレージ2

図面で見るとこうなってます。
ガレージ3

やたらとスペース取ってますね。
アプローチは来客の駐車スペースにもなります。


自転車&原付スペース、シンク、外部収納もガレージの屋根続きにあります。

ガレージの照明はタイマー付きの明るさセンサー付きなので暗くなると自動点灯して、夜中になると自動で消灯します。
なので、暗くなると自動で冒頭のような写真の風景になります。


田舎なので車は生活必需品です。車に乗るのが億劫にならないので、予算はかかりましたが、作ってよかったと思っています。
我が家の一番の自慢でした。



0

在来浴室の続き


ドアは既製品です。
YKK サニーセーフⅡ ドアHGタイプ。
予算の関係と使い勝手を考えて既製品にしました。

33.jpg

ここを洗面室とつなげて全面透明ガラスにすればかっこいいお風呂になるのですが、、、、
我が家は恥ずかしいのでドアはすりガラスです。

せっかく在来浴室なのにもったいないんですけどね。
家族しかいないとは言え、洗面室から丸見えなんて恥ずかしくて無理です。落ち着いて入れません。

といいながら、窓は透明という。


。。。頭隠して尻隠さずみたいな。笑



写真ではわかりにくいですが、こちら側は景色がよくて、人目もあまり気にならないのです。

でも、我が家を見にこられた方は、大丈夫なんですか!?丸見えじゃないですか!とおっしゃる方もおられます。

私たち夫婦は気にしていませんが、娘は年頃になったら気にするかもしれないので将来的には植栽で目隠し出来ればな~と思っています。今植えているものが、うまく育ってくれるのを祈るのみです。

家にいながら景色のいいお風呂に入れるなんてサイコーと思ってましたが、毎日となると普通になっちゃいますけどね。




鏡はなし。掃除めんどくさいし。
必要性を感じれば置き型のを置くつもりですが、今のところ不要です。


水洗はこれ。
ZU0139 (CERA)
ZU0139.jpg

かっこいいです。
使い勝手もまあまあいいです。

と、今検索したら廃番になってた~残念。




シャワーは
HG28536(CERA)

残念なのは、床や壁がザラザラのタイルなので、そこに当たるとキズが付いちゃう事。
強い素材のシャワーってあるのかな?あるならいつか取り替えたい。

ウォールバーはいらないだろと思っていましたが、結構使ってます。
つけてよかった。
浴室完成
タイルを1段起こして、棚にしている部分にシャンプーとかを並べています。


床はリクシルのサーモタイル。
通常のタイルより熱伝導率が低いのでヒヤッとしないと言うのが売りです。
浴室床

IFT-300/ST-32N
確かにちょっとだけ冷たい感じがマシな気がします。


壁はこれ。
浴室壁タイル
シクラス SIC-R207(名古屋モザイク)

サーモタイルは高いので、壁は似たタイルを探して、これにしました。
※カタログ上の画像でが全く違う色に見えますが、実物はとても似ています。

外床用となっていますが、浴室壁でもOKです。↓
浴室タイル2



カビや汚れが目立たないように、グレー目地にしましたが、やっぱりわかります。
マメな掃除が必要なのは在来もユニットも同じようです。

浴室タイル
これは床のタイルですが、こういう汚れがつくとなかなかとれません。
ザラザラだからか、サーモタイルは汚れが付きやすいのかな?
壁のタイルはサーモタイルほどザラザラではないので汚れはマシですが、
もっと釉薬のかかったツルツルのタイルにすれば、タオルで拭けて掃除はもっと楽だったかもしれません。


毎日、お風呂が最後の人が、浴槽をざっと洗い、ガラスドアと水栓だけタオルで拭いて、タイルなどは余裕があるときに掃除するって感じにしています。
以前は、ドアと水栓を拭くなんてしてませんでしたが、水のカルシウム汚れはこびりつくとめんどくさいので、慣れるとこの方が楽ですね。



0

在来浴室、サーモバスについて

我が家の浴室はいわゆる在来浴室です。
ユニットバスではありません。
浴室完成

建築関係以外の方にはわかりにくいネーミングですね。
昔ながらの作り方という意味でしょう。


今はユニットバスも進化していて、断熱性やデザインもよくなっていて、後々のリフォームなどもユニットバスの方がやりやすいです。
なのでユニットバスの選択の方が圧倒的に多いです。

ですが、自宅は在来のタイルの浴室にしてみたかったのです。
なんとなく、
お風呂掃除はタワシのようなものでゴシゴシ洗いたい!というのが一番の理由。
ユニットバスはプラスチックなので、ゴシゴシ洗うとキズがついて余計汚れやすくなったりしますよね。
それが嫌だったんですよね~。
ですが、在来浴室の掃除も結構めんどくさい。住んでみてわかりました。苦笑

あとはやっぱり水栓やタイルなどを一つ一つ選びたかったんです。


浴槽は最初は有名なカルデバイにするつもりでした。チョーかっこいい!意外と安いモデルもあるし。

が、検討しているころ、ちょうどパッシブデザインのセミナーを受けて目から鱗が落ちた頃。
在来浴室は熱的には弱い構造になりやすいので、断熱浴槽になっているLIXILのサーモバスと悩みに悩んで、LIXILに。

選んだのはこれ。
グランザシリーズTBND-1400HP



楽天で買って施主支給しました。

正直、デザインや質感はビミョーです。
なぜ、少しラメってるのか?なぜ少しクリーム色なのか?シンプルに真っ白がよかった!
カタログじゃわからんかった~!

と、質感はがっかりでしたが、断熱性能はオドロキでした。
4時間経っても-2.5℃と謳われていましたが、ほんとにそう。

私は独身の頃から晩に湯船につかり、朝はシャワーを浴びるという今思えば贅沢なお風呂生活をしていました。
というのも冷え性&低血圧で、手足が冷たいと眠れなくて、朝、熱いシャワーで体を起こすという、この体質ならではの習慣。

ということで、新居に引っ越してからも最初はそうしていたのですが、お風呂のお湯が前夜から冷めていないのです。
冬じゃなければ朝ももう一度入れる温度。
ということで、晩も朝も湯船に入るようになりました。

結婚して住んでいたマンションの頃は、ちょっとお恥ずかしいのですが、追い炊き機能があったので、節水のため、次の日は追い炊きしてもう一度使っていました。3日目になるとさすがにちょっとお湯が汚れている感があったので限界でしたが、なるべくお湯を汚さないよう2日は入っていました。夫婦二人でしたしね。

それが、今度のお風呂は、追い炊きしなくても温かい!

ということに驚いて喜んでいたのですが、しばらくして気づきました。

温度がキープされたままだと、雑菌の繁殖も早いようで。。。。お湯の劣化?も早いような。
2日目は入るのをためらう臭いとぬるつきが若干。。
苦笑。

ということで、お湯を張りっ放しにしておくのはやめました。
その日の最後の人がお湯を抜いてささっと掃除して終わり。

家族が一晩で入るには、2~3時間空いてもお湯の温度があまり下がらないので、省エネなお風呂だと思います。
入っている間に温度が下がっていってすぐお湯を足したくなるという事がなく、体が温まります。

なので在来浴室で無くユニットバスでも断熱浴槽はオススメだと思います。
LIXILじゃなくてもTOTOでもありますね。

今はこの家に越してきて、寒くないので冷え性が直ったんじゃないかと思うくらい、寝つきもよくなり、その分寝起きもよくなったので、朝シャワーを浴びたいと思わなくなりました。

妊娠時のつわりで、ボディーソープの匂いがダメになった事で朝のシャワー習慣は完全に無くなりました。

家や設備の性能で、習慣も変わるもんですね~。

なんだか、在来浴室のWeb内覧会のつもりが浴槽&お風呂習慣の話になっちゃいました。
今更ですが誰か興味あるかな?苦笑。すみません。
でも、断熱浴槽かどうかを検討されてる方には参考になりますかね?

次回は浴槽以外の内覧会とします。





0

安い階段をアレンジしてみた

今日はサクッとご紹介。

我が家の階段です。
階段1

リビング階段でもなく、吹き抜けでも無いのでストリップ階段とか、ましてやらせん階段とかでもなく、ふつーーーのボックス階段と呼ばれる形状です。
おそらく階段としての価格は一番安いと思います。


とくにこだわりは無かったのですが、ケコミ板と側板と呼ばれる部分をグレー色に塗装してもらいました。
合わせて、手すりと手すり受けは木材の端材を使って、ホワイトに塗装。

階段3

普通はその部分はホワイトや踏み板と同じ木目色になっている事が多いと思います。
その方がすっきりしています。笑

せっかくなら自宅だしちょっと変わった事をしてみようとしてやってみました。
我が家は建具も同じグレー色塗装なので、我が家には合っていると思います。



お金をかけずにちょっと変わった事がしてみたい方、ご参考までに。


工務店さんによっては塗装代が別途かかるかもしれませんが、しれていると思います。

我が家は、手すりも手すり受けもを専用のものや金物を使わずに木材の余り材を使って、ビス止め+塗装にしてもらったので、階段手すり代が安くなりました。

階段2
2階ホールから。


ちなみに写真では分かりづらいですが、回り階段部分は5段回りです。
折り返しの180度で5段というやつです。
普通は4段回りが多いと思います。
これも今まであまりやったことは無かったのですが、意外となんの違和感もありませんでした。



最近あたたかくなってきて、庭のクローバーがものすごく勢いづいてきて、
やばいです


このカテゴリーに該当する記事はありません。