ナガメの家づくり日記

2014年3月、ナガメのよい土地に自宅を建てました。デザインも飽きのこない、予算も無理をせず、省エネでナガ~く住める家づくりのために、建築士として施主としてゆる~く情報発信していけたらと思います。
0

冷蔵庫買い替えでヒヤヒヤ

今年のTODOだった冷蔵庫の買い替え検討。

実は我が家の冷蔵庫は私が独身時代に使っていたものでした。

約10年前、もう結婚を諦めて、お一人様生活を充実させよう(!)と、一人暮らしにしては少し大きめの300リットルのものを、当時行われていた家電エコポイント制度に乗っかって買ったものです。

その後、人生分からないもので縁あってなんとか結婚して(笑)、でも当初はとりあえずもったいないしこれでいいか、引越しの時も今は余裕ないししばらくこれでいいかと、ずるずる~~~と、もったいない精神でここまで使って来ました。
そこまで料理を頑張っていなかったのでまかなえていたとも言えます。

余談ですが、当時の賃貸マンションでこのサイズがミラクルシンデレラフィットだったんです。その感動がいまだに忘れられない。。

201803180822.jpg
下の方は娘が遊ぶアンパンマンマグネット。笑



ですが、子供が生まれ、作り置きや食料のまとめ買いなどをして家事の時短を図りたいのに、冷蔵庫が小さくて鍋が入らなかったり冷凍庫が小さかったりで不便を感じるようになり、やっと重い腰をあげました。

20180318134719.jpg
詰め込みすぎの汚画像ですみません。

しかも10年間でさらに省エネ化が進んでいて、容量が大きくなっても年間で1万円以上は電気代が安くなるらしいのです。
そこも大きなポイントでした。


実際ネットで検索したりしていろいろ見たのですが、よくわからず。
Y電機に行って営業さんに聞くことにしました。
希望はかっこいいステンレス色
が、なぜかなかなかなく。
今はガラスでピカピカ鏡面の白やシャンパン色、高級感のある濃い色が主流らしいです。それらは傷が付かないような強化ガラスになっていてマグネットは付かないんだとか。
知らなかった。。。。
私はマグネットは付いて欲しいし、ピカピカじゃない方がいいかな~。



そして、さらなる希望は自動製氷機能が衛生的なもの

自動製氷機能は以前の冷蔵庫にも付いていたのですが、水を入れる容器の方に、結構な頻度でヌメリやカビが発生していて、洗える部分はいいけど洗えない部分はどうなってるんだろうと思うと、気持ち悪くて最近では使っていませんでした。
なので、製氷機能自体いらないかもって思っていたのですが、ファミリーサイズのものにはほとんど付いているそうで。。。。


その話をすると、営業さん曰く、配管まで全て洗えるのは三菱製品しかないので三菱がいいでしょうとのこと。


というわけで三菱一択。
その中でステンレスっぽい色があったのはこれ。



実際の色名はローズゴールド。
。。。ローズ?ゴールド??そういえばちょっとピンクがかってる。。。このピンク感もゴールド感もいらないんだけどな~
店舗で実物を見ているので、そこまでローズ感ないので大丈夫と思うのですが、家に入れてみて照明の具合とかで、めっちゃピンクだったら嫌だな~~と思いつつ。そればかりは入れてみないと分かりません。



サイズはちょっと大きい気がするけど、大は小を兼ねるって言うしな~。ちょうどいいのかなー。
もういくら考えても結局使ってみないと分からない!と決定。





そして1週間後、配達当日。

201803181440.jpg
以前の冷蔵庫がないうちにお掃除お掃除。

201803181441.jpg
実はここはこんなフック付けてます。
スライドして前に出てくるので、横に冷蔵庫が来ても大丈夫。



我が家は田舎の一戸建てで、しかもそんなビッグサイズを選んだわけでもないので、搬入経路なんて何も気にもしていませんでした。
ところがなんと、リビング入口のドアから入らないことが発覚(゚△゚;ノ)ノ!
ドアのハンドルの出っ張りが当たるのです。
201803181650.jpg

パントリーからはドア幅がアウト。



ずいぶん遠回りですが、ウッドデッキに回り込んでなんとか行けて一安心。

搬入経路




本当に入らなければ、リビングの入口のドアハンドルは簡単に取り外せるので、外して元に戻せば大丈夫です。



ところが今度はキッチンカウンターと背面カウンターの間がちょーギリということが発覚。
冷蔵庫前が狭くて回転できないので、この奥行きの大きい方の向きで行くしかないのです。
201803181447.jpg

ひょえ~~~

201803181448.jpg



実は結局すこーし傷がつきました。
配達の方は気付いたのか気付いてないのか分かりませんが、そのことには触れなかったのでこちらも言い出せず、、、、。
私達夫婦はこういう時に言えないタイプです。

もしクレームを付けたらこういう場合にどうなるのかわかりませんが、搬入経路を確認せずに購入してしまったこちら側の落ち度も多いにあるわけで。
今主流のガラス表面の物ではないので、傷がつきやすいと聞いていたし、どうせすぐに何かの傷は付くだろうし、何より、あれだけのギリギリ寸法を納めてくれただけでも十分感謝です。




というわけで、冷蔵庫無事に設置。
20180318151813.jpg
ドーン!


201803181518.jpg
不安だったローズゴールド色も特に違和感なく。
いや逆によく見たら我が家のタイルはちょっとピンクがかっていて、むしろ合ってる。笑




建築設計に携わる側として、今まで設置位置は、お持ちの冷蔵庫のサイズ、開き勝手をヒアリングして、入るように気をつけていましたが、搬入経路はうっかりしがちです。
まさに我が家でうっかり!お恥ずかしい!



特に道路面に大きめの掃き出し窓などがない家の場合。
最近は道路から生活感が見えないようにとか、道路が西側だったりすると遮熱のためにも大きい窓は取らなかったりします。


配達搬入していただいた担当の方のお話では、結構入らなくて怒られる事があったりするそうで、私達のせいじゃないんですけどねと苦笑いされていました。

冷蔵庫以外でも、ソフアやベッドなど大型の家具は搬入経路は要注意です。
そして実際入らなかったと聞いたことがあるのはマッサージチェア。


今後、お施主様宅の設計時にちゃんとチェックしなくては!と今回改めて実感しました。




容量が増えた我が家の冷蔵庫。
驚いたのは野菜やお肉等の持ちがよくなったこと。やっぱり進化していますね~。

でも逆に買いすぎて賞味期限までに食べきれなくなったり、ドアポケットの部分や奥の方が届きにくかったり、まだまだうまく使いこなせていません。チビ向けの冷蔵庫ではなかったようです。苦笑。
観音開きもまだ慣れていないからですが、なんとなく使いにくい。



Y電機の営業の方も、冷蔵庫はこれだ!というのはなかなかないんです。一長一短があって妥協しないといけない部分が必ずあるんです。とおっしゃっていました。
う~~~ん、メーカーさん、ぜひこれだ!というのを作って欲しい。


いやでも、それはみんな冷蔵庫に求めるものが違うから仕方ないのか。。。
とはいえ、当分買い替えできないもの。
これから収納などいろいろ工夫して、うまく使いこなせるよう工夫していこうと思います!







0

APW330シリーズのすべり出し窓

最近はYKKapさんのAPW330という樹脂サッシを標準的にお客様におススメしています。


その中でも最近よく使う、「すべり出し窓」
すべり出し窓
↑こういうやつです。

引き違い窓はデザイン的にスッキリしないのと、気密性が少し劣るので、最近はこの横すべり出し窓を使うことが多いです。

で、これにはさらにハンドル形状の違いで3種類あります。
・グレモンハンドル(カムラッチハンドル)
・オペレーターハンドル
・高所用オペレーターハンドル


今までは、オペレーターハンドルは気密性が落ちると言われていた(高所用はなおさら)ので、おススメせずにいつもグレモンハンドルにしていたのですが、APWシリーズに関しては、気密性はさほど変わらないように改良されているのだそうです。


先日、お客様宅のサッシ発注の最終チェックをしていて、別件で営業さんに問い合わせてたまたま知りました。
(APWではないアルミサッシやアルミ樹脂複合シリーズはやはりオペレーターハンドルの方が気密性が落ちるそう。)



そうなると選定に迷います。
この3種類、ハンドル形状の違いとあと大きな違いが網戸にあります。
「網戸を開けずに窓を開閉できるかどうか」です。





[グレモンハンドル]

ドアレバーのように動かして窓を開閉します。

グレモンハンドル2

グレモンハンドル 網戸

メリット
・網戸はロール網戸になるので通常は横におさまっている
・ハンドル形状がスッキリ

デメリット
・窓の開け閉めは網戸を開けてからになるので虫が室内に入りやすい
・網戸の丸洗いは難しい。
・ロール網戸収納部分がスッキリしない。





[オペレーターハンドル]

ハンドルをくるくると回すと窓が開く仕組みになっています。

オペレーターハンドル2

オペレーターハンドル 網戸



メリット
・網戸を開けずに窓を開閉できるので虫が入りにくい
・網戸を丸ごと取り外して丸洗いできる

デメリット
・ハンドル形状がちょっとブサイク
・網戸が常時手前にある
・窓を閉めるときに網戸に虫が付いていたら、窓と網戸の間で虫が挟まったままになる
・掃除は網戸を外さないとできない。







[高所用オペレーターハンドル]
手の届かない吹き抜けや階段で通風したい場合に使います。
チェーンや電動式になります。
高所用オペレータ


メリット
・手の届かないところでもチェーンで開け閉めできる
・網戸を開けないので虫は入りにくい。

デメリット
・チェーンのメカ部分が出っ張っているのでカーテンが収まらない。
・チェーンが垂れ下がってくるので、棚や空間の邪魔になることが多い。
・電動式は配線ボックスが丸見えでスッキリしない。
・掃除はとてもしにくい。



という感じです。




インテリア的にハンドル形状の見た目のおススメは正直グレモンハンドルですが、ロール網戸の収納部分はスッキリしません。
しかも虫の侵入はなるべく少なくしたいですよね。特にこれからの季節、迷うところです。
オペレーターハンドルの方はキッズデザイン賞とやらをとったそうで、元気で小さな子供さんがいる家庭なら一気に開かずぐるぐると回して開けるので安心かもしれません。

ですが常時網戸があるので、景色を見たいところには不向きかなと思います。
掃除したい時に網戸を外さないといけないのもちょっとめんどくさいです。



サッシの形状も一長一短、今後もお施主様といろいろ相談しながら決めて行きたいと思います。




0

窓枠・廻り縁の仕様について


庭のミモザが満開です。

IMG_5123.jpg

ずっと庭でミモザを植えたくて窓から見えるのが理想だったので嬉しいのですが、なかなか愛でる心の余裕がありません。。。涙


とうとう1ヶ月更新が滞り、スポンサーサイトが出現してしまいました。汗。
それだけは避けたかったんですけどね。。。。。




そんな中、先日コメントで質問をいただいたのでインテリアネタです。

ブログで質問いただいたりすると、こんなブログでもちゃんと見てくれている人がいて、ほんの少しは誰かのお役に立てているのかな~と実感出来てとてもうれしいです。ありがとうございました。



質問では窓枠や廻り縁の処理はどうされてますか?とのこと。

窓枠とはサッシの周りの枠のことです。


我が家の窓枠はクロス巻き+下だけ木製(集成材を自然塗料で塗装)の、俗に言う「窓台」仕様です。
IMG_5153.jpg


ところどころ上に付けているのはただの棚で、DIYした部分です。
IMG_5157.jpg


ここも。
IMG_5160.jpg

窓台仕様で、出を少し大きめにすると飾り棚のようにも使えます。
北条K様邸6

ただ、この場合はカーテンをどうするかをちゃんと考えないとカーテンの邪魔になりかねません。
カフェカーテン等なら大丈夫です。


クロス巻きのデメリットは将来的にはがれてくる可能性があることと、つっぱりポールなどをしたときにクロスに跡がつくかも、というところです。
はがれてくる可能性は昔はよく言われてましたが、ほとんどないと思います。
ですが窓の結露がひどい場合などははがれやすいと思いますので注意が必要です。



質問いただいた方の工務店さんの標準仕様はクロスと同色の四方枠とのこと。多分白だと思います。
こんな感じ。
白窓枠
※画像はお借りしました。

これもすっきりした感じです。
でも枠の素材がおそらくMDFというもので、雨の日に窓を開けっぱなしにしていてびちゃびちゃになって時間が経ってしまったときなどに、水分を吸ってしまって変形する可能性があります。変形したら戻りません。
まあ、ほったらかしにせずにすぐに拭けば大丈夫です。
(窓台を木製にした場合も、同じく雨がびちゃびちゃになってしまったらシミが出来たりしますが、再塗装できます。)


表面がシート張りになっていて、フロアや内装ドアに合わせた木目の物もあります。
ハウスメーカーさんや建売住宅ではこの仕様が多い気がします。
インテリア全体が同じ木目シートで揃うので統一感はでますが、あくまでもシートなので偽者感は否めません。
私はあまりおススメしません。

でも白ならクロスに馴染むので全体をモダンな白い空間にしたい場合はいいと思います。




あと、MDFの白ではなくて木製で四方枠にするという手もあります。
木製サッシっぽい雰囲気が少し出て、ナチュラルな雰囲気になります。
R0013216.jpg
窓の外の景色がよかったら借景の額縁っぽくなったりして素敵です。
ちょっと和の雰囲気にもなりますが、サッシが上げ下げ窓やすべり出し窓など洋風だったらまた雰囲気が違います。




もう一つ質問のあった廻り縁
天井と壁の境の部分です。

我が家は廻り縁はつけていません。
IMG_5161.jpg


突き合わせという仕様ですね。突き付けと言ったりもします。

wt2.jpg
※わかりやすい画像があったのでお借りしました。


スッキリしますが、デメリットはありまして、木造住宅は四季を通じて乾燥したり伸び縮みを少しだけするのですが、その際にクロスが追従できない部分が割れてきます。その部分が目立ちやすいのがデメリットです。
IMG_5162.jpg



廻り縁をつけたり、目透かしにすればクロスの割れは見えにくくなりますが、突き付けでも再コーキングすれば目立たなくなります。

標準仕様が廻り縁仕様の工務店さんは、後々のこのクロスの割れが出やすいのを懸念しているのだと思います。
でも、最近は廻り縁を付けない家が多いと思うので、意外とできますよ~って言ってくれることもあると思います。


いろんな仕様にメリットデメリットがありますので、工務店さん、設計士さんといろいろ相談しながら進められるといいですね。



次回、窓の仕様で最近知ったことがあるので、それを記事にしたいと思います。
それと庭仕事の記録も書きたい、、、、







1

家はどんな担当者に出会うかで変わる

先週末、知り合いの新築住宅を2件、続け様に見せていただく機会がありました。

1件目はお世話になっている美容師さんの店舗併用住宅。
カットついでに、家見ます?と言ってくださって、遠慮なく上がらせていただきました。
オシャレご夫婦だけにさすがにとーーーってもオシャレ!
アメリカンテイストというかサーファーテイストというか、住まわれて1ヶ月あまり経っているのでインテリアも小物類も充実。ひとつひとつどこで買ったのか聞いて回りたかったです。 いや、今度聞こう。
いろんな建築パーツも自分で探しまくったそうで、めちゃ参考にさせていただきたい!

写真撮りたかったけど、すでに住まわれているお宅だしと遠慮しましたが、最後の最後で我慢し切れず撮らせていただきました。
rootsカーテン
カーテンレールはアイアンのバーで(多分タオルバーとかで売られてるものだと思います)、レースはZARAHOMEのカーテンの余り生地を自分で縫って、それに雑貨やさんで見つけて持っていたクリップで止めただけ、だそうです。こういうの大好き!
大きい窓は難しいですが小窓は逆にこういうのが素敵かもしれません。
お金をかければいいというものではありませんね。



我が家の小窓のカーテンも雑貨やさんで買ったストールをかけています。
1F洋室2
1F洋室3



2件目は友人主催のインテリア講座に参加した時に、隣り合わせになってしかも娘が同じ歳で誕生日が5日違いということで友達になった方の家。
完成見学会にお邪魔させていただきました。
知り合いになった時点ですでに建築中で、いろいろこだわっていそうだったので見せていただくのが楽しみでした。

玄関土間がリビング、パントリー横まで続いて、機能的な上にご主人の趣味の自転車がインテリアにもなるというレイアウトや、腰掛けられる窓!いいな~。巾木無しのすっきり仕上げなどなど、こちらも見ごたえ満点。

担当者さんも大変でしたけど頑張りました~と笑いながらおっしゃっていました。いい関係性だったのが伺えます。

見るのと話に夢中になって、写真撮っていいですかと聞く事さえ忘れてました。残念。



2件ともお施主様のセンスが抜群で、それに答える建築側はかなり大変だっただろうけど、いい経験をさせてもらって面白かっただろうな~と思います。




ずいぶん前から書きたいと思っていたことなのですが、家づくりは本当に、「お施主様と担当者のコラボレーション」です。

特にデザイン面では相性がよければよいほど、設計者とお施主様の好みが近ければ近いほど満足度が高いものになると思います。
私も、お客様が「こんな感じがいいんです」と持ってきていただく雑誌の切り抜きなんかを見てテンションが上がります。
それいいですね~~こうしましょこうしましょと相乗効果が高まります。
ですが、好みや得意分野が違う場合、何を提案していいのか分からなかったり、いい提案が出来ないままだったり、相乗効果は生まれません。

なので、どこに依頼するか迷うときは設計者の施工例をちゃんと見させていただくことが大事だと思います。

間違っても、知り合いだからとか、いい人そうだからとか、断りづらいからとかそういう理由で工務店や建築家を選んではいけません。
その工務店や建築家の施工例をできれば多く見て、この家ストライク!って思える物件がなければ、やめた方がいいかもしれません。



たとえば私なら、めちゃめちゃかっこいい斬新なデザインの家や、性能はどうでもいいんですという方、純和風がいいんです!という方は、どんな仲のいい友人でも、私ではなくその分野に得意な方に依頼されるようお願いします。
いろいろさせていただいた方が私の経験にはなりますが、その方が絶対にいい家が出来ます。

伝統建築住宅
近所で建った純和風住宅。これはこれですごいかっこいいと思うけど、今の私の知識では無理です。




それとは別なのが性能面です。特にこの四国では、こんな暖かい地域で樹脂サッシなんてそこまでいらないですよ、とか、気密性をあげてもあんまり意味ないですよとか、担当者さんにそう言われたら、プロがそう言うんだからそうなんですね~って思ってしまうと思います。
よっぽど勉強家のお施主さんでないかぎり、担当者の知識や考え方の違いによって完成する家の性能は大きく大きく変わると思います。性能が変われば快適性、光熱費も大きく変わります。
そして、まだまだ建築側の性能に対する知識はそれぞれが本当に千差万別です。どんな設計者、担当者に出会えるか、誰を信用するかによって大きく左右されます。



我が家は建てるとき、樹脂サッシへの変更や気密測定などを行うたびに工務店の方から、愛媛では必要ないと思いますけどね~と言われ、そのたびに少し心が揺れました。

実際に建てて冬にエアコン1台で暮らせるようになってからは、自信を持って性能は上げた方がいいとお客様に言えるようになりました。費用も多少アップするので、そこが難しいのですが。



誰が言っていることが絶対正しいのか、性能がいい家が絶対いいのかは、もしかしたら20年30年後にならないとわからないかもしれません。
ですが、知識がないまま今までの常識的な考えだけで、いらないですよと言う人も多いので、注意が必要です。


私もまだまだ未熟者で、パッシブデザインのことは毎回迷いながら、確認申請は右往左往しながら、簡単な物件なんてひとつもなく、いろいろな経験をさせていただいているのに、なんだか誰目線?なエラそうな事書いちゃいました。すみません。




これから家を建てる方は、「好みが合う」、そして「誠実で知識があって家作りが好き」な、その方にとってのいい担当者さんに出会ってほしいな~と思います。
もしかしたら、それが一番重要なことかもしれません。





0

バスマットバーと引き込み戸のメリットデメリット

あっという間に3月も終わり!
春だ~~。庭のクローバーやつくしや木の新芽なども一斉に目が覚めたかのように元気になりつつあります。
庭仕事もしていかなきゃやばい。。。。。



以前からいつか記事にしようと思っていた、あると便利なバスマットバーのご紹介です。
普通のタオルバーを床から55cmの高さに付けました。
バスマットバー1

ちなみに我が家のバスマットはこれ。

リネン生地だからか、洗うとシャリシャリ感が戻って心地よいです。
でもこうして改めて見るとヨレヨレだし色もだいぶ変わったような。そろそろ替え時かな~~

でもズボラーは毎日洗うわけではありません。笑
使った後には毎日このバーに掛けます。


湿ったバスマットを敷きっぱなしにするのが家を新築してから気になるようになって、バーをつけました。

バーはいつものR不動産Toolboxでオーダー。

湿ったものをかけるので、一応ステンレスにしました。
バスマットよりも少し巾を大きめにしたので他に洗剤とかも掛けられたりしてなかなか便利です。

余談ですが、好きなシンプルライフブロガーさんが、体を拭いたバスタオルでバスマットを兼用すればバスマットは不要と書いているブログを読んで、なるほど確かに。と思ったので、そのうちそうしようかな~と思ったり。




話は戻ります。
そして、これが付けられるのは当たり前ですが、ここに壁があるから

我が家の水周りの間取りはこちら。
引き込み戸3

ここに壁があるのは入り口が引き込み戸になっているからです。

開き扉だとお風呂への動線に邪魔だし、片引き戸だとこの壁は戸の引き代になるのでバスマットバーも付けられないし有効には使えません。
と言うわけでここは引き込み戸にしました。


ですが、引き込み戸は便利ですが、最大の弱点があります。

メンテナンスが難しいこと。

例えばドアが反ってしまったり、隙間に何か入ったり。
引き込み戸は簡単には外せません。外せるようになっていたとしても、隙間に何かが入った場合は取り出すのはとても困難です。

知り合いの工務店では以前、中に子どもさんがCDを入れてしまい、引き込み戸が最後まで閉まらなくなり大変だったとか。

我が家の引き込み戸は新築の最初の頃、建具が反ってきて、時々擦っていました。
これはマズイな~~と思っていたのですが、いつの間にか反りが収まり、今のところは問題ないです。


そういうこともあるので、引き込み戸は使わないという工務店もあります。後々困るのはお施主さんだからという理由です。
引き込み戸にしてくれるかどうかは工務店さんの考え次第なのです。
引き込み戸は出来ませんと言っている工務店さんの方が、むしろお客様のことを考えているとも言えるのかもしれません。




そういう問題があっても、ここにバーが付けられればとても便利なんですよね~~。
先日上部にフックも付けました。
引き込み戸1
スイミング用品を乾かしたり。


もちろん水回りだけではありません。
洋室でもどこでも壁があるだけで、フックを付けられたり、棚を付けられたりします。
ただし壁が薄いので長いビスなどを付けなければならないようなものは不可です。薄い壁を貫通してドアに当たってしまいます。




今お仕事させてもらってる工務店はあまり抵抗が無いようで普通に使ってくれます。
「そうなったらそうなったときに対処は考えますよ。」と頼りがいがあるのか無いのかわからない方針??笑


そういう工務店だったとしても、なるべく引き込み戸は少ない方が後々も安全です。

と言いながら、工務店さんに甘えて引き込み戸満載のプランを書いてしまう私。。。すみません。
引き込み戸がなくてもとっても便利なプランがいいのですが、限られた面積で空間を有効に使おうと思うとやっぱり引き込み戸にしてここの壁を収納に、、、なんて考えてしまうのです。
すみません。

皆さま、引き込み戸の隙間に何かが入ってしまわないようにご注意ください。




このカテゴリーに該当する記事はありません。