ナガメの家づくり日記

2014年3月、ナガメのよい土地に自宅を建てました。デザインも飽きのこない、予算も無理をせず、省エネでナガ~く住める家づくりのために、建築士として施主としてゆる~く情報発信していけたらと思います。
1

地鎮祭と近隣挨拶

9月末の週末、地鎮祭を行いました。


実は私たちは正直、地鎮祭とか興味なし。ほんとはするつもりありませんでした。

京都の工務店で働いていた時のお施主さんは、神主さんに来てもらって本格的にされる方は4割、城南宮と言って、京都では建築の神様と祭られている神社に出向いてお祓いをしてもらい、そこでいただくお浄めの砂や鎮め物と呼ばれるものなどをもらってきて、ご家族と工務店スタッフのみで行う簡易地鎮祭をされる方が4割、なにもされないが2割。。。くらいでした。
この割合は工務店の考えによるところだと思います。あと地域性もありますね。

経験上、地鎮祭をしたからって何が変わる訳でもなく、しなかったからって不幸が訪れることもないと断言できます。
あ、否定するわけではありません。
された方は、一生のうち、一回するかしないかの経験ですし、してよかったってみなさんおっしゃいます。


ですが、工務店の営業さんに、愛媛では99%はされますよと言われました。
そして、私たちが建てる地域では、秋祭りの時に新しい家には神主さんが家の中まで来るので、(あ、この家は地鎮祭してないぞって思われるかも。)とか。。。。
正直そんな情報いらんわ~(-_-メ)と思いながら、聞いてしまうと、小心者な私たちはやるだけやっとくかって感じでやることに。
金額も玉串料2万円とお供え物のみで、テントとかは工務店さんがたててくれるとのこと。だったらまあいいかと。

ただ、お供え物の準備が結構ありました。
京都の時もお供え物は神社によってさまざまで、神社がすべて用意されるところもあったり、お施主さんに少し用意してもらうこともあったり、ですがこちらは結構てんこ盛り。その分玉串料が安いのか(^_^;)

・お米
・お酒1升瓶
・乾物7品(煮干し、海苔、昆布、大豆、鰹節、など)
・野菜7品(大根、キャベツ、レタス、トマト、きゅうり、にんじん、なす、芋など)
・果物7品(りんご、みかん、バナナ、ぶどう、イチゴ、梨、メロンなど)
・塩100g程度
・水500ml
・ジュース1ℓ
それもそれぞれ大きいものは1個、小さめのものは3個か5個。
そして極めつけが鯛の尾頭付きがオスメス各1尾!
鯛2
鯛にオスメスの区別があることを初めて意識しました。
しょうがなく近くのスーパーで予約することに。
でも魚屋さん曰く、今の時期はオスメスの区別がつきにくいからもしかしたら同性かもね~だそう。。。。
神様は見分けつくんだろうか(-_-;)、いくら愛媛が鯛の産地だからって魚屋さんの陰謀か。。。とか不謹慎な考えがよぎります(^_-)。

っていうか多いっ!!結局トータル1万円くらい。

なんとかすべてそろえて当日。
神主さんが用意されているお皿に並べていきますが、全然足りません。やっぱり多すぎやん。
地鎮祭1

出席者は私たち夫婦と工務店の社長と営業さんと見積もり等をしてくれた担当さん。
そして知り合いの不動産屋さんともちろん神主さん。
私たちは両方実家が遠方なので呼びもせず。

地鎮祭2

私は施主兼設計なので、えいっえいっえいっ!もやりました。されたことのある方は分かると思います(^_^;)
神主さんのありがたいお話も伺って、まあ、やってよかったのかな。

無事に地鎮祭も終わり、改めて近隣挨拶へ。
営業さんと一緒に解体前に回った7軒のお宅へ伺いました。
あいさつの粗品を用意しようと思っていましたが、工務店さんが、こちらで用意しますので、引越し前にあいさつするときに何か用意されるのでいいんじゃないですか?と言われ、なるほどと思い素直にそうさせていただきました。

解体、地鎮祭の間に、手こずった長期優良住宅の認定もなんとかおりるめどがつき、これで着工を待つばかり。。のはず。。。でした。

お供え物は基本的には神主さんが持って帰られるそうですが、営業さんが何か言ってくれたようで、3分の1くらいいただいて帰りました(^_^;)

1

解体工事着工

10月には基礎着工しましょうとのことで、9月の末に地鎮祭をすることが決まり、それまでに解体工事をすることになりました。
規模的に工期は10日間から2週間。
前回の記事の流れで、業者は決まりましたが、今は解体工事がとても混んでいて、しかも、解体工事は建設リサイクル法という法律で、申請が必要で、許可が下りるのに1週間くらいかかるとのこと。
ん~うっかりしてました。ですが、何とか許可が下り次第、地鎮祭までに間に合わせるよう頑張りますということで、いよいよ解体着工が決定。

着工に先立って、近隣挨拶というものをしますが、解体工事がある場合は、解体工事前に回るか、本工事前に回るか、迷うところです。
工務店手配の解体の場合は、工務店と解体屋さんと施主と一緒に回ってもよいと思います。
解体屋さんがちゃんとしたところであれば、先に解体屋さんが回って、本工事前に工務店と施主が回るというパターンも多いと思います。
我が家は工務店手配ではないのもあり、解体屋さんが先に回っておきますと言ってくれたので、解体前のあいさつはおまかせして、後日、工務店と回るということにしましたが、解体の数日前に、現地にてどこまで解体してどれを残すという立ち会い確認をした際に、この後あいさつに回るのですが、一緒にどうですかと言われ、結局私だけ急遽同行しました。

少しドキドキでしたが、平日の昼間だったので半分以上の方がおられませんでした。
おられた方にも後日またオットと工務店さんと改めてあいさつに来ますのでというあいさつ(^_^;)
そう言っとかないと、本番の時に、あら?また来たの?って思われそうで。
おられなかったところはまた行っておきますとのこと。ほんとに行ったのかはわかりません。

まあ、田舎なので、回ったと言っても7件だったかな。
京都の街中の路地の建築だったりすると30件とかありましたから、それに比べればあっという間で、しかも皆さんいい方でした。

あいさつも終わり安心していると、解体前日になって解体屋さんから電話が。。
水道と電気の切り離しの手配出来ていますか?と。

またまたうっかりしていました(*_*;

解体工事には仮設水道と、ガス管の撤去と電気の本線からの切り離しが必要です。普段、京都の時は解体屋さんが段取りしてくれていたので忘れていました。
って前日に言うなよ~~せめて1週間前に言ってよ~って感じでしたがどうしようもありません。
安いところはこういうところがしっかりしていないのか~とか思ったり(^_^;)


ガス管は元々ないのでOk、電気は四国電力さんに電話して事情を説明して、なるべく今日か明日の午前中にお願いしたら、なんとか手配してみますと。すみません~~ありがとうございました。

仮設水道は、普通は工務店が水道屋さんに依頼して設置しますが、確かこれも申請して許可が下りるまでに結構時間がかかるはず。。。しかもこの旧宅は上水道を使っておらず、井戸で生活されていたとのことで元々の水道もありません。工務店が気を利かせてすでに準備してくれていたら。。。と思いましたが案の定まだでした。
その井戸使えませんかと聞いてみたところ、じゃあ、ポンプと発電機を持ってきて試してみて、使えなければ、お隣にお借りできないか聞いてみますということになりました。
実際、井戸が使えたそうでよかったよかった。

そして解体着工。
旧家は前回も書きましたが。築130年です。昔はとても立派なお宅だったのでしょうが、中は何年も空き家だったせいか、ボロボロでした。もしかしたら何かお宝出てくるかもとか思いましたが、それらしいものは見当たらず(^_^;)。昔の型板ガラスとか、ランマとかちょっと心惹かれましたが、使い道も思いつかず、、、、
のし瓦2
瓦がとても立派で、棟瓦の下ののし瓦と呼ばれる部分に龍や鯉の細工の瓦が施されていました。
日本瓦の家にあまりなじみがなかったのですが、こののし瓦はあまり見ないような気がします。
なんとなく残せたらその部分だけ残してほしいと解体屋さんにお願いしました。
旧家の持ち主さんも小さいころに住んでいて思い出のある家だからと、瓦を何枚か記念に欲しいとのことで、来られていました。
解体
解体ってなんだかなんとなくさみしい気持ちになりますよね~。

無事に10日間ほどで解体は終わりました。




0

解体工事の見積もり

門
旧家の庭への門構え。ん~昔はお屋敷だったんだろうな~

古家付の土地を買って、新築する場合は解体工事をします。

解体って金額の目安がよくわからないですよね。
木造なら大体、壊す家の坪数×30,000円~40,000円と言われています。
もし30坪の家を解体するなら、90万~120万。付属物などによっても変わります。

しかし、解体工事って、業者によってかなりの金額の差があります。
しかも、産業廃棄物処理が厳しくなって、ここ数年で、金額はすごく上がっています。


我が家は古家がかなり大きく(調べたら明治14年竣工、築130年!)、納屋もあり、大きな石で作られた池、うっそうとした庭木、ブロック塀、コンクリート土間。。。。。見るからに高くつきそうでした。

池
もう少しでジャングル化しそうな池まわり。

たまたま、不動産屋さんが売買価格を出すために参考に取っていたという200万円(高っ!!)の見積もりをもらっていたので、それを念頭に入れていました。

解体工事は通常、お願いする工務店さんに合わせて依頼することが多いと思います。
というのも、解体工事は近隣の方々にとっては最初の工事で、静かだった町並みの中に、突然の騒音、ほこり、工事車両の出入りなど、言ってしまえばうっとおしい期間のはじまりです。
その業者が態度が悪かったり、時間を守らなかったりすると、近隣の評判はとても悪くなり、その後の工事がやりにくくなります。なので、その後の工事に続く工務店と連携した解体業者の方が、なんとなく安心です。
特に街中だとそういうことって大事です。住む前から近隣にご迷惑かけたくないですよね。
今までも、知り合いなどで解体屋さんがおられる場合などを除いて、そうお施主さんには説明してきました。

我が家もそのつもりだったのですが、工務店さんで取ってもらった解体屋さんの見積もりが高い!
1社は270万、もう1社は240万だったかな?工務店さんも、すみません、金額合わせてほしいと言ったのですが、無理でしたとのこと。

ん~40万の差はきつい(>_<)


まあ、うちは田舎だし、近隣と言ってももろ隣りは1件だけだし、車両も敷地内に停められるだろうし、こっちで手配しますということにしました。
他にも知り合いから紹介してもらった解体屋さんも見積もりしてもらったのですが、200万は無理ですとのことで、逆に安すぎるのは怪しいな~と思いながらも、結局、最初の解体屋さんにお願いすることになりました。

参考までに我が家の解体工事の金額を乗せようと思ったのですが、なぜか見つかりません。
見つけ次第追記しようと思います(^_^;)



1

怒涛の契約と、家づくりについて

オーク
ずっと前から決めていたオークの無垢フローリング。オイル仕上げ。
この時期は足触りがサラサラで気持ちいいです。



4月に土地を契約して、それから工務店を決定して、プランを決定して、住宅ローンを申し込んで、マンションを売却を進めて、家の仕様を徐々に決定しながら、家を着工するまでの過程だけで、初めての経験が途方もなくあります。分かってはいたもののやっぱり大変です。

我が家の場合、時系列にすると

4月初旬 土地の申し込み
4月末  土地の契約
5月末  工務店決定
6月   マンション売却依頼
6月末  住宅ローン仮申し込み
7月   プラン、大まかな仕様決定
      ゼロエネ住宅申請
8月上旬 住宅ローン金消契約
8月中旬 工務店請負契約
8月下旬 マンション売却契約
      土地決済
      確認申請
      解体見積もり
9月    長期優良住宅申請
9月中旬 解体工事着工


思い返せば、8月は怒涛の契約続きでした。
何度、住所を書いて、ハンコを押したことか(オットが)、数えておけばよかったです。

家づくりって決断の連続です。そしてその都度かなりお金が動きます。


自分で家を建ててみて、今まで色々なお施主さんの家づくりに携わってきましたので、わかっている立場のはずなのに、いろいろ迷いやトラブルも出てきました。
それが普通の方なら、知らないことや迷うことももっともっとあると思います。
そういうときに誰から知識や判断材料を得るかって、相談する担当者の人が多いですよね。
そうなるとその担当者や工務店がどんな指向なのかどんなアドバイスをしてくれるかで、判断は変わりますよね。
お施主さんの家なのに、ハウスメーカーや工務店、その中の設計者や担当者によって、できる家は本当に変わるとつくづく思います。
間取りも仕様も省エネ性も、快適な家かどうか、ライフスタイルまでも変わると思います。
なので、できるだけ信頼できる担当者と巡り合ってほしいと思います。

ただし、完璧な工務店も完璧な担当者も正直なかなかいないと思います。
ずっと働いていたのでわかりますが、建築業界って結構多忙です。
法改正や制度改正も頻繁で、新商品も毎年出て、正直ついていくのはいっぱいいっぱいな人が多いです。
我が家もできた家には満足していますが、施工中の不満は結構出てきました。

いまさらですが、ブログをはじめたのは、、一応プロからの立場として、少しでも誰かの家づくりのお役にたてればと思ったからです。
施主側からこうしたい、ああしたいと要望を伝えるための情報ががすこしでも提供できて、よい家づくりのお手伝いができればな~と思います。

今のところは忘備録なのでほとんどお役にたってはいないと思いますが。
しかも誰にも告知していないし、ブログのシステムもよくわかっていないので、どうしていけばよいのかも手探り状態です (^_^;)ボチボチ頑張ります。



1

マンション売却

カモミール
初めてのこぼれ種?からの季節外れのカモミール。台風に耐えられるでしょうか?

かなりの贅沢なお家になりそうな我が家(自分基準です)。
当然、予算はかかります。もちろん住宅ローンを組まないと建てられません。

自己資金はいくらかの私の貯金。(このまま結婚できないんじゃないかと思ってためていた老後用の資金(笑))
オットはまさかの貯金ゼロ。
というか貯金せずにすべてマンションのローンの繰り上げ返済をしていたそうです。
。。。って、そうなんです。オットは一人暮らしなのに、少々いきさつがありまして、分譲マンションを買っていたんです。
私と出会うよりだいぶ前です。

なので、家を建てるに当たり、当然売らなければなりません。
せっかく買ったマンションなのに売ることになってちょっと申し訳ない(^_^;)ですが
知り合いの不動産屋さんにお願いして売却を進めました。

とっても街中の一番の商店街のすぐ横にあり、市役所なども徒歩圏内の、とてもいい立地のマンションでした。
しかし、ちょうど、6mくらいの道路を挟んで南側に、14階建てのマンションが建つことが決まり、タイミングとしては悪かったので、正直少し不安でした。
立地的には、売らずに賃貸にすれば家賃収入も期待できるかも思いましたが、これから修繕などが必要になってくる物件を持ち続けるということが、なんとなく心理的に負担になりそうで、あっさり売ることにしました。
こういうときにうまくやりくりできる人がお金持ちになれるのかな~とか思いましたが、私たちには無理そうです(^_^;)自分の家だけで精一杯です。

売り出したのが6月頃ですが、家はまだ建っていないので、引き渡しは家が出来るはずの3月という条件を付けてもらいました。結構強気な条件です(^_^;)

でも、不動産屋さんにお願いして結構すぐに連絡がありました。ネットなどの情報に出る前に、不動産屋さんが知り合いの不動産屋さんにいくつか声をかけてこのマンションでほしがっている人がいないか聞いてみたところ、ちょうどおられたとのことで、そしてなんとその最初に見に来ていただいた方が気に入ってくださいました。
ドキドキの内覧日。前日までにめちゃくちゃ掃除していた甲斐もあって、今までこのあたりの中古物件をいろいろ検討してきたけど、一番きれいと言ってくださいました。南に建つ14階建てのマンションの事も昼はほとんどいないから気にしないとのこと。
(※売る場合、きれいにしておくってめちゃくちゃ大事だと思いました。素敵に見せるために観葉植物も買ってみたりして(^^))

検討して後日お返事しますとのことで、期待しつつも、しかしその後は音沙汰なしで、ダメだったのかな~、やはりもっと金額を下げないとだめかな~とか、すぐに欲しいとか言われたら一旦引越しして賃貸住まいをしないとだめかな~とか、思い始めていたころ、1か月後くらいにやっと購入するという返事がありました。どうやら、購入する際のローンの銀行の審査が時間がかかっていたようです。
金額も30万ほどの値引きで済み、ほっと一安心でした。

オットが購入したのが約8年前で、購入時よりも400万以上引いた額での売却となりましたが、
8年も住んだのですからむしろ十分良い金額です。
その8年間にかなり頑張って繰り上げ返済をしてくれていたので、売ってもさらに残債が残るということもなく、資金にも余裕が出来ました。

資産価値として考えるならマンションって本当に立地が大事です。実感しました。
いまさらながらグッジョブ、オットって感じでした(^^)

でも、結婚してこのマンションに引っ越してきて約二年間の街中ライフでしたが、少し歩けばおいしいカフェやレストラン、ショップがいくらでもあり、スーパーも歩いて1分ほど。満喫できればとても楽しく便利でした。
家を建てるところとは大違いでしたので、引越しが近づくにつれどんどんさみしくなってしまいました(^_^;)


このカテゴリーに該当する記事はありません。