ナガメの家づくり日記

2014年3月、ナガメのよい土地に自宅を建てました。デザインも飽きのこない、予算も無理をせず、省エネでナガ~く住める家づくりのために、建築士として施主としてゆる~く情報発信していけたらと思います。
0

パッシブ設計への変更

前々回、基礎着工から上棟までの事を書きましたが、実はその間に、大きな転換点がありました。

10月があまりにも待つばかりの1か月で待ち疲れてしまったので、11月はいろいろ行動しました。
福岡に行ってインテリアショップめぐりをしたり、セミナーや建築士講習に行ったりしました。

そのうちの一つが、私が使っているCAD(設計ソフト)の会社が、新商品のプレゼンと抱き合わせで行っていたセミナー。働いているときは目の前の仕事で精いっぱいで、あまりそういう時間がとれず、新しい勉強ってなかなか出来ていなかったな~と思います。
たまたま、着工が遅れて上棟が遅れて、正直ちょっとした気分転換のつもりで、しかも愛媛であまりセミナーってなさそうなので、時間あるし行ってみようかなって感じでした。

内容は「パッシブデザインと省エネ設計」

そして。。。。
ほんとにもう、目からウロコという感じ(@_@;)

電力不足が問題になっている今、パッシブ設計にすることでどれだけ省エネになり、しかも快適で健康にもよいか。
一言でいえばそういう内容です。

日本の建築基準の温熱環境は世界からとても遅れているそうです。
確かに冬に北欧に旅行に行ったとき、外は極寒なのに現地の人はみんな薄着で、ホテルもどこも温かく、日本に帰ってきて自分の家の中が一番寒かったことを思い出しました。北海道やほかの国に行った時ももだいたいそうです。
日本は温かい国だからそこまで必要ないと言われますが、実はそうでもなく、イギリスでは室内が16℃を下回るようなら行政指導が入るとか。。

日本なら10℃以下なんて当たり前ですよね。
私の実家では10℃を下回ったらコタツを入れていいという決まりがありました笑。そして一人暮らしをしていたRCのマンションでは吐く息が白くなることもしょっちゅうでした(+_+)。もったいないと思いながらエアコンをかけても頭がぼーっとしてくるし、コタツを入れると出ると寒いからそこから動けなかったり。。。。
でも実はこんなに家の中で暑さや寒さを我慢している国は日本ぐらいのようです。
我慢できるならまだしも、家の中の温度差によるヒートショックが原因で亡くなられたり倒れたりする率も高いとか。

それは建物の断熱や窓の性能が悪いためだったのです。性能が悪いから冷暖房費がかかる。もったいないから我慢する。

でもそれは日本の建築基準がそういうレベルだからなのです。
日本では平成11年に省エネルギー法が改正になり、その基準が次世代省エネ基準というすごい名前が付けられ、それが今もトップレベルの基準となっています。
たくさんのハウスメーカーや工務店が、次世代省エネ基準をクリアーしていますので当社は高気密高断熱で温かい家ですよと謳っています。国の基準がそうなので、それをクリアすれば、十分なことをしていると皆さん思っているし、私も思っていました。
確かにそれ以前の基準よりは高性能ですが、それでも他国からしたら全然劣るレベルなのだそうです。

あまりの衝撃に、こういうセミナーで私は生まれて初めて挙手をして質問したくらいです。
ドキドキで声が上ずりましたが丁寧に答えてくださいました。
我が家は前に書いたようにゼロエネルギー住宅の認定も受けていて、サッシもサーモスⅡ-Hという外はアルミ、中は樹脂という断熱性の高いと思っていたものを使用予定でした。そして暖房はエアコンが苦手なので深夜電力を利用する蓄熱暖房機を入れるつもりでした。
十分もしくは十二分にエコで快適な仕様だと思っていたその仕様がことごとく否定されてしまいました。

このセミナーの後、オットにもあわてて説明して、ギリギリですが今からできる限りのことをすることにしました。
基礎工事中だったのでさすがに間取りは変えられません。基本的な仕様ももちろんです。
パッシブ設計は太陽の熱を取り入れるのが基本ですが、窓の位置などももう変えられません。

ですが、ありがたいことに、セミナーで知り合った愛媛のパッシブ設計を実施している工務店の社長さんがいろいろ相談に乗ってくださいました。

まず、樹脂サッシへの変更(ぎりぎりセーフでした)、蓄熱暖房機は中止。断熱材の厚みを少しだけアップ。気密シート施工、気密測定の実施をすることにしました。
サーモスⅡ-H (アルミ樹脂複合サッシ)をマイスターⅡ(樹脂サッシ)に変更するとプラス35万ほどでしたが、費用対効果はあるとその社長さんが断言してくださったので即決しました。

蓄熱暖房機はほんとはずっと入れたかった設備でした。今まで何度かお客さんの家で体感していて、家全体がほわっとした温かさ。自分の家を建てるときは絶対に入れようと思っていました。
ですが、蓄熱暖房機に限らず、電気ヒーター系の暖房機はすべてエコ設備ではないとのこと。蓄熱暖房機は深夜電力を使うので電気代は今は高くないけど、本当はとても電力を使っているのです。冬になったら後悔するかもしれませんが、あきらめました(T_T)

急に変更お願いしたので工務店さんにはご迷惑をおかけしたと思います。そういう仕様は普段あまりしていないということで、かなりしぶしぶと言った感じでした。
が、工事が遅れていて私が怒った後だったので文句言えなかったっぽいです(^_^;)発注もまだだったし。なんかすみませんて感じです

このくらいの仕様変更ではパッシブ設計とは言えませんが、ギリギリOKだと思います。というか思うしかないです(^_^;)。
西日本で樹脂サッシなんてほとんど使いませんし、気密測定までしているのは、増えてきているとはいえ、まだまだ少数派のようですし。。。。。頑張ったと思いたい。

効果のほどは今のところはまだよく分かりませんが、やらずに後悔するよりはやった方がよいかと。お金がかかる事なので、実験できるのも自分の家だからです。今となれば、変更できたのは工事が遅れたおかげです。


その後もセミナーや勉強会に参加しています。そういう勉強会は増えていますし、サッシメーカーから高性能の窓も発売されたりして、今後この動きはどんどん進みそうです。
今後もそういう内容もいろいろブログにアップ出来たらなと思います。


0

楽天お買いものマラソンで施主支給

雨の庭
四国は雨。すごい風なのに植物は元気です。倒れそうで倒れません。

なんとか無事に上棟し、施主支給の準備です。
施主支給というのは、材料や商品を施主側で手配して支給をし、取付や施工のみ工務店に依頼することです。
その商品が工務店の金額よりも安くないとメリットは全くありません。
でも今はネットでずいぶん安いものがたくさんあります。

もともと工務店さんに契約前から、可能な限り、施主支給させてほしいとお願いしていました。
ある程度は断られるかなと思っていましたが、今はネットの方が安いものもありますのでOKですよと案外快く了解を得ていました。
少しでも安くしたい私としてはそのあたりは柔軟な対応をしていただける工務店でよかったです。

しかし、工務店側からすると結構リスクがあることです。
もし、施主支給した商品を施工するときに破損してしまったらとか、後々にトラブルが起こった時に、材料が悪いのか施工が悪いのかで責任のなすりつけ合いのようなことがあるかもしれません。
そういうことが起こった時にもめるのが嫌であれば、施主支給はやめて、工務店にお任せする方がよいと思います。


我が家は、使いたい外壁材とフロア材と玄関ドアなどが、お願いする工務店では入らなかったので、直接知り合いの建材屋さんから購入して、施主支給させていただきました。材料代は安くなったと思いますが、施工費は割高だったと思います。しょうがないです。


あとは、ネットで買った方が安かった設備機器類。
浴槽や水栓金具、IHヒーターや、シンク、トイレ、照明器具等も。設備類は保証問題等ありますので、後々の不具合は自己責任になります。が、私は施主支給させていただきました。

施工中に大きなトラブルはなかったですが、照明器具の小さなリモコン部品が行方不明になったりしました。ですが、それを弁償してとは言えないと思い、再購入しました。
あと、お風呂の水栓金具の取付具合がびみょ~。これは施主支給だからとはいえないかもしれませんが。

ウッドデッキ材も含めて、なんやかんやでトータル400万(@_@;)
大金です!!
そのうちネット購入は設備機器、照明器具を中心に170万ほど。
検索しまくり、少しでも安いところや、カードのポイントが多くつくところを探しまくりました。
それを見越して、CMをバンバンやってる楽天カードを夫婦で作っていたのですが、最初はしくみがよくわからず、お買いものマラソンの時に20万ほどする浴槽を買ったりしました。ツウの楽天会員さんはこれがもったいないってわかってるんでしょうね。無理やり10店舗で買って、これでポイント10倍?!ということは20万の浴槽は2万円分のポイントがつくの?すごい!って思ってました。が、違うんですね。
お買いものマラソンのポイント10倍は上限1万ポイントっていうことを後から知りました。なので、20万の浴槽を買っても1万円分のポイントになります。まあ十分ちゃ十分ですが(^_^;)

お買いものマラソンの時は1000円以上(じゃないと1店舗とカウントされない)の購入を10店舗、そして合計10万以内にするということが一番賢いようです。多分。そうすれば10万円買って1万ポイント。10%OFFみたいな?

そしてそのポイントがつくのも数か月後なんですね。それも知らず。こんなに買ってるのにいっこうに最初は意味が分からず、だいぶ振り回されてしまいました。よく調べろって話ですが。
入会時に6000ポイントぐらいついていたのですが、それもうっかり失効。

そして、意外と設備機器類や照明器具は楽天ショップじゃない方が安かったりして、検索の日々でした。
ポイントのために必要のないものや高いところで買うのは本末転倒ですよね~。わかっているのに最初は浮足立っちゃって失敗しました。

こんなに大金を短期間で使うこともこの先ないだろうな~。

もったいない失敗もしましたが、170万円分くらいネット購入しましたので、計算すると、工務店から買うより、安く見積もってざっと10%安く買えたとして17万、ついたポイントがまあ5~6万円分くらいかな?合わせれば20数万と、ネット購入分だけでもまあまあ浮かすことができたかなと思います。疲れましたけどね(^_^;)

今もお買いものマラソンやってますね。いまだになんだか浮足立っちゃいます(^_^;)

該当の記事は見つかりませんでした。