ナガメの家づくり日記

2014年3月、ナガメのよい土地に自宅を建てました。デザインも飽きのこない、予算も無理をせず、省エネでナガ~く住める家づくりのために、建築士として施主としてゆる~く情報発信していけたらと思います。
0

田舎暮らしの外部収納

daria.jpg

ここのところ、ご近所のホウレンソウ農家さんから大量のおすそ分けや、他にも大きなさつまいもやミカンやレモンなどをいただいてありがたい毎日です。
写真は週末だけ開かれる近くの産直市で100円だったダリアの花束。


窓
カーテンを付けていない窓に目隠しを兼ねて飾っています。



というわけで、作ってよかったスペースのご紹介です。前回の洗面併設WICに続き第二弾。外部収納です。

南の空地にガーデニングや家庭菜園 (最近ではポタジェと呼ぶらしい)をやる気マンマンでいましたので、作りました。

今のところは土づくりと雑草対策にに追われ、まだそれらしい形にはなっていませんが。。。徐々に頑張ります苦笑。


これがその部分の図面↓
外部収納図面
キッチン併設のパントリーから勝手口を出ると、庭への通路を挟んで外部収納庫です。
横には収穫したものを洗ったり手を洗えるようシンクも付けました。

外部収納3
ほんとは木製のアンティークドアみたいなドアにしたかったのですが、予算的にあきらめました。
でも予想以上に使用頻度が高いので、ガンガン使えるこっちでよかったかも。


外部収納2
中には、庭用のスコップや肥料やら種やらジョーロ、今はまだない芝刈り機、、、あと、余った外壁の板材を予備として少し置いていたり(使う日来るのか?)DIYの余りの板材(いつか使うかも?)、それから古紙回収に出す段ボール類、自転車の空気入れ、洗車道具などなど、、、結構あります。
スペースとしてはちょうど1畳分。ベニヤ板仕上げにしてもらったので、後から棚やフックをつけて使いやすくしました。
贅沢を言えば、将来、農機具が増えるかもしれないことを考えると倍くらいあったらもっと余裕だったかな。

勝手口の屋根を伸ばして作った部分なので屋根があり雨にもかかりません。

こういうスペースって、田舎暮らしでないとここまでは必要ないと思いますよね。
でも少しでも庭があってガーデニングをする予定なら、外部収納はあればとても便利です。

土がついたスコップや少し匂いがする肥料とかって家の中には入れたくないですよね。

そうなると必然的に〇ド物置とか〇ナバ物置とかになります。便利ですが、外観に馴染むものではないし、実家では一度台風で壊れかけたことがあったので、こういうスペースは作りたいなあと思っていました。

念願かなってポタジェづくりの準備は万端。来年こそは何か収穫したい(^^)



0

ウォークインクローゼットの位置

10月は私にしてはめずらしくいろいろあり、かなりの放置でした。
いろいろと言っても、おそらく毎日毎日子育てと仕事を両立されている世の中のお母さん方ほどではないと思うので、ただのぐうたらです。家事と子育てと仕事をしながらもさらにブログまで書かれてる方にはほんとに頭が下がります。すごいです。



そして気を取り直して、ウォークインクローゼットの位置について書こうと思います。略してW.I.C.。
よくお客様にヒアリングをしてご要望をお伺いすると、主寝室に隣接して3畳くらいは欲しいとかが一番多いような気がします。
そもそも歩いて入るスペースがあるウォークインクローゼットが使いやすいのかって話もありますが、ここでは洋服をしまう場所という意味での位置です。


ですが、我が家の位置は1階の洗面室横。

これとっっっても便利です。

我が家の水廻り↓
WIC図面

まず洗濯。
洗面室で洗濯して、南側に隣接した物干デッキで干して、取り込んでそこでたたんですぐしまえます。
まあ私はズボラなので、取り込んでも室内干しスペースにかけたままが多いんですけどね。

①↓
室内干し写真
カメラマンさんの写真なのでやたら広角ですが、実際はこんなに広くないです。
浴室に近い手前が洗面台。奥が洗濯&室内干しスペースで、引き戸を開けるとルーバーで目隠しした物干デッキにつながります。


②↓
WIC写真
上に同じく、実際はこんなに広くないです。3畳です。
右側から直接室内干しスペースにつながります。


家族分の普段着はすべて1階のWICです。今のところ、衣替え分もここに納まっています。

着替えるのも洗濯するのもしまうのもすべてここで完結です。
洗濯ものがリビングや部屋に移動しないので散らかることもありません。

うちは寝室にも将来の子供室にも、クローゼットも収納も作りませんでした。
寝室はほぼ寝るだけなのでベッドサイドに小さな棚を設けただけで特にしまうものもないからです。

主寝室や子供部屋にクローゼットがある場合はそれぞれに配らないといけないですよね。
洗濯ものが移動するとやはりホコリも立ちます。

動線的にも、朝起きて2階から降りてきて顔洗ったりシャワー浴びたりしてここで着替えてリビングへって感じです。


贅沢なスペースだとは思いますが、各部屋のクローゼットを取らなければ全体的にはそんなに面積増ではありません。
扉の数も減ります。ちなみにうちはのれんです。
2階には礼服と季節外や来客用の布団、その他普段は使わないもろもろをしまう納戸を一カ所だけ作りました。

もしもこの土地じゃなく、もっと市街地での家づくりになっていたとして、1階にこんなスペースがとれなかったとしても、浴室を2階に持っていき、そこの洗面室横にWICとすぐ近くには物干バルコニーをつくっていたと思います。

以前のマンションの時はリビングに面した南側のバルコニーに干していましたが、冬や梅雨時や花粉症時期はリビングに干すことになり、ほぼ年中リビングは洗濯物がぶら下がっていました。
どんなにインテリアに凝っていてもそれでは台無しな気がします。普通のインテリアでも洗濯物がないだけでずいぶんマシだと思います。

でもこういうのってなかなか要望されないと作れないプランなんですよね。
やっぱり各部屋にそれぞれ収納が欲しいと言われることが大半です。
今後は実体験としてこれが便利ってやっぱり思えたので、お客様にもどんどん提案していけたらな~と思います。

今ご相談させていただいているお宅のプランがこれ↓
F邸
お風呂も南を向いていて、洗面室はキッチン横のパントリーにもつながります。お子さんの朝の着替えを朝食準備中のお母さんが様子を見やすかったりすればな~と思ったりしています。外には軒の深く多少の雨でも大丈夫な物干スペースを取っています。
こちらでもボチボチ仕事はじめてます(^^)




該当の記事は見つかりませんでした。