ナガメの家づくり日記

2014年3月、ナガメのよい土地に自宅を建てました。デザインも飽きのこない、予算も無理をせず、省エネでナガ~く住める家づくりのために、建築士として施主としてゆる~く情報発信していけたらと思います。
0

2年点検は大事

早いもので、我が家の竣工から2年が過ぎ、工務店さんから2年点検のお知らせが来ました。

去年と同じく、はがきが届いて、それに不具合箇所や見て欲しい箇所を記入して返送するという方式です。


今年は、
① トイレの引き戸の鍵がかかりにくい。

② 洗面台とキッチンのシャワー水栓が根元が緩んでいてぐらつく。

③ バルコニーのFRP防水の表面に小さなひび割れがある。

④ クロスの入り隅のスキマが何ヶ所かある。

といったところ。




① は監督さんが見に来た時にすぐ直してくれました。建具が少し傾いていただけでした。

② はこれはどうしようもないことだと思いますが、若干使い方が荒かったと思います。(オットの)
特に洗面台の方は、水栓のシャワー部分が堅くて結構な力が必要で、オットが朝、寝癖を直すたびに引っ張ってシャワーを使っていたので少しずつ緩んでいたのだと思います。
特殊な工具がないと締まらないと言うことで水道やさんが来て締めてくれました。
いつかまた緩んでくるとは思いますが、今後はなるべく丁寧に使おうと思います。

③ は表面の塗装部分がすこーしだけメリメリっといった感じになっていました。
2年点検防水1
写真で見るとサイズは分かりにくいと思いますが、ほんのちょっとです。
おそらくFRP防水自体は大丈夫だと思うので、申告するかも迷ったのですが、一応見てもらうだけみてもらったら、念のため補修しておきましょうという事になりました。

2年点検防水2
一度メリメリしているところを剥がして、この後、再度仕上げをしてくれました。



④ は去年も結構直してもらったので、今年はさらにスキマが出たところです。

ちなみに去年こんな感じで開いてしまっていたところは
10.jpg

去年直してもらって今年は大丈夫。
2年点検クロス1
色が違うのは写真の撮り方のせいです。

住んでいるとほとんど気がつかなかったのですが、点検するにあたりじっくりみると意外とスキマが開いていました。

今年改めて気が付いたところはトイレの隅とか、天井の隅とか。。。
2年点検クロス2

よく見ると
2年点検クロス3

こんな感じの部分が全部で数ヶ所ありました。
この補修はまだですが、まあそのうち来てくれるでしょう。



こんな感じで、たいした不具合もなく2年が経過しました。

ほとんどの工務店さんの場合、この2年で無償での補修をしてくれる期間というのは終了すると思います。


平成12年に施行された住宅の品質確保の促進に関する法律(通称:品確法)によって、構造と雨漏りの瑕疵については10年間保証されますが、そのほかの部分は最長で2年間となっています。短期保証と言われる部分ですね。
項目によっては1年~1.5年という部分もあります。


クロスや設備の作動不良など、2年間くらいまでは施工上の不良なども考えられますが、その後は経年劣化とみなされるということです。
当たり前と言えば当たり前ですよね。いつまでも新品ではないし、使い方やメンテナンス次第の部分になってきます。

なので、2年点検までがクロスの補修や細かい部分の補修が無償でお願いできることが多いです。

ここで、忙しいからとかめんどくさいからとかでスルーしてしまうと、その後に、最初からおかしかったと主張しても、有償という事になっても文句は言えません。


我が家は施主である私が設計者だったからか、引渡し時にそのような説明はありませんでしたが。苦笑。
まともな工務店なら契約時、又は引渡し時に説明があると思います。
浮き足立っているタイミングの時が多いので忘れていまいがちかもしれません。
ご注意を。

0

念願の家庭菜園

先日、アラ70の両親が来てくれたときに、念願の畑スペースも作ってくれました。

我が家は本当に無駄に広い敷地なのですが、いつか家庭菜園をやりたいという願望があったから思い切って買ったのです。

余談ですが、結婚式の時もふいに司会者さんに将来の夢は?と聞かれて、
「自分で設計した家を建てて、のんびり家庭菜園したいです」と答えていました。
夢が実現しちゃいました !笑




・・・・・ですが、完全になめていました。

土質が、雨が降るとネチャネチャ、乾くとカチカチ、おまけに石が多いという、全く畑向きではなかったのです。
一時期耕してみましたが、少しやってみたところでハードすぎて、まったくやる気がうせていたのです。

その頃に比べると、クローバーや雑草のおかげで少しは土質がよくなっているような気がしますが、赤ちゃんが産まれた事もあり、いまだ手付かずでクローバー畑と化していました。


そこへ先日、畑歴数十年の両親が来て、たった1日で、1坪ほどではありますが立派な畑スペースを作ってくれたのです~。感謝。
やればできるもんなんですね。びっくり。

hatake.jpg
周囲を余っていた枕木で囲いました。


そこへ先日、産直市で買ってきた苗を植えました。
左から、ピーマン、きゅうり、トマト、ナスです。

hatake2.jpg

近所のおばあちゃんが通りすがりにいろいろ教えてくれ、しかも支柱まで取り付けてくれました。笑


最初は同じスペースにズッキーニも植えていましたが、
ズッキーニは広がるからこんなスペースじゃなくてあっちで十分と言われ、あえなく全く耕していない微妙な場所へ移動。
ズッキーニ
ほんとに微妙な場所。笑



とりあえず植え付け完了。



気をよくしてこの3連休に、もう少し家よりの場所、勝手口からすぐのところに、ミニ畑スペースを作りました。

オットはあまり興味が無さそうで、家の中でずっと赤ちゃんとマッタリしているので、その間に。


先日の作業を思い出して、、、
 1.スペースを決める
 2.クワで耕す(開墾用の小さいサイズのものが固い土にはオススメ)
 3.石、雑草、根を取り除く。気が遠くなりそうですが。笑
 4.苦土石灰を混ぜる。(酸性に傾いている土をアルカリ性の苦土石灰を混ぜて中和させるため)
 5.畑用の土(実家から古土を持ってきてくれました)と堆肥を混ぜる。
 6.1~2週間そのまま。

だったと思う。

ミニ菜園

頑張った。私!
誰も言ってくれないから自分で褒めます(〃▽〃)

ここは、勝手口から近いので、ネギやら大葉やら、ちょっとしたものを植える予定。
ハーブやらも入れるとおしゃれですが、ハーブを料理に生かせる気がしない。。。笑


合わせても2坪もないほどののスペースです。
収穫量もしれているだろうし、そんなにうまくいかないとは思いますが、なんとか少しは収穫できるよう頑張りたいと思います。

毎年少しずつ広げていって、いつかはおすそ分けできるくらいになりたい!


該当の記事は見つかりませんでした。