ナガメの家づくり日記

2014年3月、ナガメのよい土地に自宅を建てました。デザインも飽きのこない、予算も無理をせず、省エネでナガ~く住める家づくりのために、建築士として施主としてゆる~く情報発信していけたらと思います。
1

パントリーと家庭菜園

少し前からインスタグラムをはじめました。

慣れない中、アップした写真の中で好評だったのがこの写真。
我が家の勝手口にDIYでフックをつけたよという写真でした。

勝手口フック

このフックをつけたおかげで、微妙に定位置の決まらなかったライター(田舎なので、枯れ草などを野焼きするんです)、夏の庭作業の日焼け対策の麦わら帽子と上着、ストールが納まりました。


勝手口横なので、出て行くときにここでひょいっと麦わら帽子をかぶることができるようになり、すっきり。
フックひとつですが、やはり動線上の収納はとっても大事です。

我が家の玄関収納は、玄関→玄関収納→パントリーと続き、パントリーはキッチンにつながり、勝手口でもあります。
パントリーは食品庫でもあり、畑作業用の勝手口でもあるのです。


いつかご紹介します。多分。



そしてここのところは毎朝のようにこの勝手口から外へ出て、菜園へ。

意外と順調に収穫出来ています。正直、自分が一番びっくり。

野菜1
これは今朝のもの。
バジル、ブルーベリーも。

朝起きて涼しいうちに自宅の庭で野菜を収穫するなんてとても気持ちいいし、そしてなんて贅沢!

そして私を昔から知っている人は私がそんなことしてるなんて信じられないでしょう。
私、「三度の飯より二度寝が好き」ってくらい朝が苦手でしたから。笑


特にミニトマト、きゅうりは旺盛で、毎日のように消費しています。
どちらも苗2本ですが、単世帯ならちょうどいいくらいだと思います。
もっとちゃんと育てれば多分もっと収穫できると思います。
ミニトマト

野菜2
おばけきゅうり。
曲がってたからそのうち伸びるのかと思ってほっておいたら曲がったまま巨大化しました。
大きくなりすぎたきゅうりは美味しくないですね。

野菜4

ピーマン、ナスも育っていますが、3本仕立てという育て方がいいらしいのですがイマイチわからず、そこまで取れていません。
来年の課題です。


アゲハ
この背が高い三尺バーベナという花。別名バーベナボナリエンシス。
植えたわけでもないのにどんどん増えています。根も浅いし手入れ入らずでズボラガーデナーには楽チンです。
そしてチョウチョがやたらと集まります。



0

我が家の寝室にあるものと無印のベッド


我が家の寝室は6.1帖です。

寝室2

広くはないけど狭くもなく、寝るだけならちょうどだと思ってます。
あ、枕も掛け布団もないのはスルーで。
お見せ出来るほど素敵ではないので、シーツ交換時に写真を撮りました。笑


910モジュールで芯々寸法3185×3185mmです。
図面はこちら↓

寝室図面



主寝室にはクローゼットや、ウォークインクローゼット、たまに書斎コーナーなど併設することが多いと思いますが、我が家はなにも無し。
寝室は寝るだけ。だからです。
一応、将来的には壁掛けテレビが設置できるようにはしていますが、今のところはないです。


ちなみに将来の子供室にもクローゼットはなし。
衣類は1階の洗面室横のファミリークローゼット。
布団やその他もろもろはホールにある家族共有のウォークインクローゼットに収納です。


その何もない寝室に、DIYで壁にサイドテーブル代わりの棚、壁にフックをつけました。

寝室1

これがとても便利です。しかも安上がり!
棚は、ほんとにただの板を2段、ベッドの高さに合わせて付けただけです。

当初は家具的なものを考えていましたが、用途を考えると、棚だけでいいんじゃないかと。
だったら自分で付けられると思い、引っ越してから、DIY好きの父に手伝ってもらって取り付けました。

スタンドライト、携帯を置いて充電、めがね、時々は読みたい本、ドリンク、乾燥するときに塗るクリーム、、、、などなどを置くのに、ちょっとだけのスペースですが、枕もとにあるととても使えます。

壁のフックは、今の季節はあまり必要ないですが、冬はパジャマの上に着るフリースなどをベッドに入る直前に掛けておけます。
朝起きてベッドから出たらすぐに着れます。

もともとそのつもりだったので、下地は入れてもらって、スイッチ、コンセントの位置も計画通り。
ベッドに入ったまま、手を伸ばせば電気を消せる高さです。


プラン時にベッドの置く位置が決められれば、最初にこういうものを設置しておくととても便利ですよ~。というご紹介でした。




この寸法の寝室に元々は、無印良品のスモールサイズ855mm×2020mmのベッドを2台並べて使っていました。今となってはシングルサイズ2台にしとけばよかったなと思いますが、結婚してマンション時代に買ったので、当時の寝室にはこれがちょうどだったのです。

ベッドサイド

スモール×2台の時の写真です。
先ほどの写真に比べるとスイッチや棚まで余裕があります。

夫婦2人の時はこのサイズでもよかったのですが、まさかの子供が産まれて、3人で寝るためにセミダブルベッドを追加で買いました。
今はセミダブルベッドとスモールベッドを並べています。スモール1台は将来の子供室へ。


この寸法の寝室だったら、シングル2台か、このスモール+セミダブルの組み合わせでちょうどですね。
これでも両サイドは歩けるくらいのスペースはあります。


実際にはオットのいびきがうるさくて私が眠れないことがあり、今は子供の夜間授乳もまだあるので、私と子供でセミダブル+スモールの巨大ベッドで寝て、夫が一人で子供室のスモールサイズで寝ています。笑。
なんか申し訳ないけどしょうがない。



ですが子供がそのセミダブルとスモールのスキマにはまるんですね。
寝室4

どうしても少しずつずれて間が広がるのです。
寝返りの反動で足がはまって動けなくなり、泣いて起こされることもあったり。。。
なので、大判のシーツを買いました。





こういうのあるんですね~。知らなかった。

セミダブル+スモールなんて特殊なサイズはないのですが、シングル+シングルと5cmしか変わらないので多分大丈夫だろうと思い購入。案の定少し寸足らずですがシーツはむしろピッタリ。
きついくらいの方がベッドがずれなくていいかも。
無印のグレーのシーツの色はとても気に入っていたのですが、白いシーツになってしまったのは残念ですけどね。

やっぱりベッドのつなぎ目は凹んではいますが、今までみたいにはまることはないので、だいぶマシだと思います。
スキマパットと言うのもあったのですがケチってしまいました。
ちょっと様子を見てみます。
寝室3
うんうん、スキマがないぞ。笑


Category : DIY
1

K様邸Web内覧会

愛媛で設計をさせていただいたお宅が、先日無事お引渡しとなりました。

我が家を見て気に入ってくださり、その後私の出産があったり、途中でゼロエネルギー住宅の認定を受けたりして、出会いから約1年半。
ようやく完成しました。


分譲地内の北側道路の敷地ですが、南側が公共施設の駐車場になっているため、四方からの景観、視線を遮りながらの開放感、家事動線と遊び心もある空間、、、、お施主様と工務店さんと一緒にいろいろと試行錯誤しました。

外観内観ともに落ち着いた、少し和モダンなお宅です。

パッシブデザインにも共感してくださり、樹脂サッシ、熱交換型第1種換気システムを採用し、気密測定も行いました。
大きな吹き抜けがありながらも省エネで快適な空間が実現できたのではないかと思います。



快く掲載許可をいただいたのでWeb内覧会です。

K邸外観
外壁は塗り壁+レッドシダー、軒天はレッドシダー板貼り、玄関前に目隠しのルーバー。


K邸リビング2
吹き抜けのリビング。
構造的に必要な壁を板貼りにしてアクセントウォールにしました。


K邸リビング
LDKに和室を併設していますが、襖はほぼ開けっ放しで使うということで、下がり壁を作らず鴨居上はオープンにして空間を一体化させました。


K邸洗面室
洗面室には収納棚を作り、奥にはウォークインクローゼットを、そこからデッキの物干しスペースへと繋がります。
洗濯動線がここだけですみます。


南面2
景観にこだわった南面。
境界フェンスを両面張りにしたので風は通しますが視線は通りません。


K邸自転車スペース
実は私がひそかにとても気に入っている駐輪スペース。
裏手にあるのがもったいない。笑





後日、引越しが終わって、少し経ってからお伺いしました。
洗濯の動線がとっても便利だと話してくださいました。ご夫婦ともに満足いただけているようで、よかったよかった。涙


ダイニング3
お引越し後の現在のダイニング。


ワークスペース3
ダイニング横に階段下スペースを利用した奥様用のワークスペースを作りましたが、今はまだまだ小さい娘ちゃんたちのスペースにもなっているようです。


中2階
吹き抜けに面した階段に中2階の踊り場スペースを作りました。
マグネットボードのマガジンラックとスペースにあわせて娘ちゃん二人のデスクも大工さんに作ってもらいました。
可動式なので時には向かい合わせて大きめのテーブルとして使えます。




yuisannto.jpg
娘ちゃん二人が、うちの子と遊んでくれました。

ご家族と初めて出会ったときにはこの子はまだお腹の中にいたのに、今は一緒に遊んでるなんて!
なんだか感慨深いです。


出産を控えていたにもかかわらず、そして、愛媛ではまだほとんど実績もない私にご依頼いただけて、本当に感謝です。
逆に子育てのアドバイスもたくさんいただきました。
本当にありがとうございました。






該当の記事は見つかりませんでした。