ナガメの家づくり日記

2014年3月、ナガメのよい土地に自宅を建てました。デザインも飽きのこない、予算も無理をせず、省エネでナガ~く住める家づくりのために、建築士として施主としてゆる~く情報発信していけたらと思います。
0

リビング続きの和室のペンダントライトを探す探す

9月に入り、設計を担当させていただいているお宅が基礎着工して、10月初旬には上棟予定です。
打ち合わせも順調に進み、着工までにほぼ完了できました。

カラーコー
そのお宅の素材サンプル。ゴールドのドアノブ代わりにクリップ。
子供さん三人と体育会系ご夫婦のにぎやかなご家族のイメージにあわせて、ちょっとポップな配色です。


決まっていないのはあと少しだけで、その中のひとつが和室の照明です。

和室と言ってもリビングにすぐ横にあり、建具もなく4畳半の畳コーナーといったスペース。
壁もリビングと同じ白で、畳も通常の畳ではなく、和紙の畳で墨色。黒に近い濃紺のような色です。


その洋風?な和室に合う照明。。。。

当初はすっきりとダウンライト4灯をプランニングしていたのですが、お施主様の方からペンダントライトはどうでしょう?との提案。見つけて来られたペンダントライトが曲げ木のとても素敵な感じで、わ~~いいですね~~と一気に盛り上がりました。
和室は道路に面していて、小窓があるので、道路からチラ見えした時もいいアクセントになりそう。
ですが、残念ながらその照明は販売されていないようで。

ペンダントライトの照度が足りないかもしれないので、プランとしては補助照明としてダウンライト2灯を残し、ペンダントライトをメインにする配線にして、年明けの竣工までにじっくりゆっくり探すことになりました。


4畳半なので、小さすぎる物はバランスが悪くなるのでNG。
最初にビビっときた曲げ木な感じがいいのですが、、、、


ネットで検索しまくって、いくつかピックアップしました。


①曲げ木でいい感じ。日本人デザイナーもの。
ボリュームもあってインパクトのある和室になりそう。
don2wood_img05.jpg
でも天井に写るお花模様がかわいらしすぎる。。。。かな?
でも娘ちゃんは喜んでくれる?
don2wood_img02.jpg






②ご主人が見つけて来られたこれ。
confe-1-b.jpg
うんうん。いい感じですね~。
写真だけ見ると小さめかと思いきや結構デカイ。デカイ電球がはまっているからのようです。
でもちょっとまぶしいかな?慣れたら大丈夫なのかな~?





③曲げ木ではないけどこれ。
VITA.png
一気に北欧ものでかわいい感じですが、ホワイトなら墨色の畳に意外とマッチしそう。ダイニングには木目のブナコランプを予定しているのでダイニングは木目、和室はホワイトでもいいかも。

でも下から見るとかわいらしすぎるかな。
alba.png




④同じく北欧のデザイナーもののこれ。
leklint.jpg
これならかわいらしすぎない。でも北欧すぎかな。




⑤さらに探し進んでいくうちに変り種のこれ。
vita_eos-04.jpg
すごい羽。かわいい~。
でもちょっと変り過ぎ??



ミニもある。


⑥さらにこれ。
c6120023-1.jpg
鳥の巣です。おまけで鳥のオブジェがついてくるらしい。
ほこりとか掃除は大変そうだけど、面白い!でもちょっと小さいかな?



と思ったら大きいのも発見。




楽しい。自分でも欲しくなっちゃいます。

子供部屋の照明がまだついていないので買ってしまおうか。
羽のと鳥の巣のを並べるのも面白いかも。やりすぎ?笑


どうかな~。
今後も時々探しては、おっ?これはいいと思えるものがあれば追記して行こうと思います。




0

屋根付きのウッドデッキ

我が家はほどほど?の田舎で眺めのよい立地にあります。
なので、眺めのよい北西方向に屋根のある大きめのウッドデッキを作りました。



図面はこちら↓ ※北が上です。

1階 平面図

柱があるところまで屋根があり、約4.5帖分くらいのデッキです。


以前、結婚当初、忙しくてすぐには新婚旅行に行けそうになかった時、代わりに近場の高級オーベルジュに泊まったことがあり、そこに大きな屋根つきのデッキがあって、そこでひたすらボーっとして心身ともに癒されて、とても素敵だったのです。
10284751.jpg

たまたま泊まった日が雨で、家にこんなスペースがあると素敵だよね~、屋根があると雨でもいいねえ~みたいな。安易な発想です。

ちなみにお宿はこちら。
「オーベルジュ内子」
今思えば新婚ハイ状態でしたね。笑
なかなか泊まれるお値段ではないので、桜の時期にランチと日帰り温泉に行って雰囲気に浸っています。
泊まらなくても花見露天風呂が楽しめますよ。オススメです。



私たち夫婦はそんな雰囲気をイメージしたデッキを作っておきながら、実はお互いあまりアウトドア派ではなく、最初の1年目はデッキに出る事さえあまりありませんでした。(´∀`*;)ゞ

やっぱり、泊まりに行くからいいんですかね~。家にあると、いつでもそこにあるからか、わざわざ出ないという。。。。意味ねえ~~って感じ。笑


さすがにもったいないと思い、2年目にチェアを買って、そして子供が産まれてからは外気浴のために毎日のように出るようになりました。
このチェアはリクライニングできて、フラットにすればベンチにもなり、スライドしてミニテーブルも付いています。
cate04.jpg
dinosの通販で買ったのですが、先ほど検索したら出てきませんでした。廃盤なのかな?



出るようになると、やっぱり気持ちいいですね。
テーブルやチェアを置けばもっと活用しやすくなると思いますが、今度は部屋からの眺めの邪魔になるので迷います。



もともと夕焼け空が好きで、それを満喫したくてこの土地を選んで北西にデッキを作ったと言っても過言ではありません。
夕焼け
先日、インスタでアップした写真。
なぜか昔からこの時間の空の色が大好きです。


天気がよくて空気がすんでいる日は海も見え、太陽が沈んでいくのをキッチンで料理しながら、リビングでテレビを見ながら、又はウッドデッキでボーっとしながら見る事ができます。

やっぱりここに家を建ててよかったです。都会だったら実現できなかった。。




しかしいいことばかりでもありません。実際住んでみてわかることですね。

屋根があるので、少々の雨でも大丈夫なのですが
(屋根つきにしたのは雨や紫外線も気にならず、そして劣化や汚れも少ないだろうと思っていたのです。)、

2年経って、屋根があってもなくても汚れるのはたいして変わらないように思えてきました。

いや、むしろ余計に汚れるかも。


屋根は結構深いので、台風や風の強い時にしか奥の窓までは雨は入ってきません。
逆に言うと、雨で汚れが流れていかないのです。


田舎で、しかも風が吹いて来る方向にデッキがあるので、枯れ草や虫、土汚れなどが溜まっていきます。
天井にはクモの巣がしょっちゅうでき、去年は鳩が巣を作り、鳩はかわいいんだけど、糞や巣の残骸などちょっと迷惑。。。。
鳩の巣

特に春先の黄砂の時期は、強い雨風の後の窓の汚れはひどいです。


雨上がりのデッキ
ちなみにゾウの置き物は蚊取り線香入れです。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

エレファント蚊遣り 全2色
価格:3521円(税込、送料無料) (2016/9/25時点)



なので、我が家のデッキにはもう少し浅い屋根がよかったかな~と思います。



日差しの方も、深い屋根があっても時間や季節によっては入ってきます。
特に夏は西や東の屋根は深くてもあまり意味がないです。
南なら日よけにもなりますが。でも南だと深すぎる屋根は冬の日差しを取り込みたい時に邪魔になってしまいます。

beforedekki.jpg
屋根が全く日よけになっていない時間。
夕焼けの景色が見える=日射を遮る物がない。
ということですね。

なので屋根の取り方は十分注意が必要です。


何度か書いているように、北西に大きな窓のあるデッキなんて、パッシプデザイン的には全くのNGです。
その知識を得たのが着工後だったので実現していますが、建築前に、さらには土地購入前にその知識があったら、めちゃめちゃ迷っていたと思います。



我が家が竣工して2年半。

そろそろデッキのメンテナンスをしなければ、、、、。
写真で見てもだいぶ塗料がはがれてきているのが分かります。

素材はレッドシダーという樹種で、水に弱すぎず強すぎずな素材。
キシラデコールという防腐防虫の塗料を塗っていますが、だいぶ色が落ちてきました。

セランガンバツやウリン、イペなどのもっと水に強い材料もあるのですが、お値段もだいぶ上がります。

安い材料を使ってメンテナンスをこまめにするか、メンテナンスが少なくて済むように高い材料を使うかはお施主さん次第ですね。

レッドシダーでもほっておいて色がグレーになったとしても、すぐに腐るというわけではないので当分は大丈夫なのですが、メンテナンスすればするほど長持ちします。
2~3年に1回塗料を塗れば十分だと思います。

このシルバーウィークにするか、来年の梅雨前のゴールデンウィークにするか。。。。天気がよければ今のうちにしたいのですが、無理っぽいな~。



0

続・ルンバ生活~意外とめんどうだ



だいぶ前にルンバのことを記事にしたのですが、この無名ブログのアクセスを時々見てみると、いまだに「ルンバ ダイニングチェア」などで検索されて見にきていただいている方が多いようです。

そのときは我が家のダイニングチェアがルンバする時にとても楽チンと書いたのですが、
その後、
ルンバがテーブルにぶつかる衝撃で、そのチェアが落下してテーブルに傷がついた
ことがあったので、ルンバを稼動させるときは今は引っ掛けるだけではなく、普通にひっくり返してテーブルに乗せています。


そのチェアはこれ。
Marko chair
オランダのマルコチェアというもので、1960年代に大学等で使われていたプライウッドチェアです。


傷が~~~(TT)
テーブル傷


なので、以前の記事には追記をさせていただきました




おられないとは思いますが、もしもその記事を参考にされて同じチェアを購入された方がおられたら本当にすみません。
ちょっとしたバランスとたまたま乗せ方が甘かったのが原因だと思いますが、個体差があるのか、1台は落下しましたが1台は大丈夫です。
裏にすべり止めかバランスを変える何かを付ければ大丈夫だと思うのですが、、、、。


軽いので、ひっくり返すのも移動するのも楽なのでオススメではありますが、私の当初の乗せ方は危険です。
marko2.jpg
これ↑
ナイスアイデアだと思ったんですけどね~~



引っ越して最初の頃は、元々「いつかはルンバ!」と予定していたので、

 ・ソファは脚があるもの
 ・TVボードは壁付けにして床から浮かす
 ・カウンターや本棚も造作で壁付け
 ・チェスト等置き家具は無し

にしていて床置き物は少なくしていました。


夫婦二人の生活だとなんとなくゴミも少なく、私が外出するときに週1回ほどルンバを稼動させて、気になるところがあればその都度コードレスのダイソン(結婚した時に思いきって買った物)で掃除するかしないかというくらいで楽チンでした。

我が家は洗濯室・ウォークインクローゼット・物干しスペースが隣接しているので、洗濯物の移動が少なく、結果としてリビングには埃が少ないと思います。


なのでそんな少ない掃除回数でもさほど気にはならない状態でした。
というか気にしていなかっただけかも。


それが、、、、、子供が産まれて、しかも少し成長してきて(今1歳1ヶ月)変化しました。

子供用のお昼寝用のマットやおもちゃ、タオル、そして動き回る子供のおかげで、埃が増えた気がします。
今まで気づかなかっただけかもしれませんが。
ハイハイしまくる子供の足の裏が埃だらけだったりすると、おおお~~ごめんよ~!となります。



なので、せっかくのもっとルンバを有効活用したい!週2~3回くらい?!

と思ったのですが、置き家具も少しずつ増えていて、
ルンバを稼動させることが地味にめんどくさい
我ながらなんてズボラー。。。。



増えたのは、ベビー用のハイローチェア、オモチャをがさっと入れているクーファン、おもちゃの木馬、観葉植物、仕事用のサンプルボックス、洗面室に除湿器、ベビーバス、使わなくなった洗濯かご、、、。


ルンバがあればめちゃ便利と思いこんでいましたが、あんまり使って無いんだよね~と言っていた友人の気持ちが今なら分かります。

床置き物が多いほど、ルンバはめんどう。よっぽどコードレスのダイソンの方が楽かもしれません。

ですが、ソファーの下やベッドの下などはやっぱりルンバが便利。
しかもなんとなくですが、私がダイソンかけるよりもルンバの方が仕事が丁寧(笑)な気がします。
私が丁寧にかければいいんですけどね。。。


なので、今はオットに協力してもらって、ルンバは毎週水曜の夜中に稼動するように設定して、寝る前にオットと床置き物を移動して可動させています。

そしてそれとは別に週1~2回コードレスのダイソンで掃除をすることにしました。

2階は床置き物はまだ少ないので変わらず週1回手が空いたときに。

その他気がついたときに気がついたところをちゃちゃっとダイソンを使っています。


床置き物もなるべく今後も増やさないように、使わなくなった物はなるべくしまうように。


なんだか細かい我が家の掃除事情の話になってしまいましたが、以前の記事の訂正と、床置きが多いとルンバはめんどうという内容でした。

それでもルンバはやめられません。笑


これからルンバやお掃除ロボットを検討されている方、又は新築やリフォームをしていつかは!と思っている方、ご参考までに。






該当の記事は見つかりませんでした。