ナガメの家づくり日記

2014年3月、ナガメのよい土地に自宅を建てました。デザインも飽きのこない、予算も無理をせず、省エネでナガ~く住める家づくりのために、建築士として施主としてゆる~く情報発信していけたらと思います。
0

Pidだけじゃないランドリーロープ

前回、なにやらとっつきにくい内容の記事を書きましたが、もちろん大事なことで、書きたいことは多いのですが、やっぱり私はこっち系の記事の方が進みます。



だ~いぶ前に、室内物干し用のpidを付けているご紹介をしました。
お宮参り、なつかし~




そのときに、冬の加湿用にリビングに増設しようかな~と書いていたのですが、先日、やっと実行しました。

リビングのど真ん中はさすがに見た目的にも使い勝手的にも悪いので、LDKの隅の方に。

下地チェッカーで下地を確認して、取り付け。
下地チェッカー
ホームセンターで売っています。壁に小さな穴が開いてしまいますが、結局これが確実です。


片方の壁は板壁で、開けにくかったのでキリで下穴を開けてから。
ランドリーロープ3

なんとか無事に付きました。
ランドリーロープ2
ランドリーロープ1
たまたま本体側をグレーの板壁に取り付けたからなんですが、本体には壁との間にプレートを付ける仕様になっていて、それが半透明でしかも本体より一回りデカイので、ちょっと目立っています。白い壁だったら多分あんまり目立たないと思うんですけどね。




ランドリーロープと言えばpidみたいに思ってる方多いんじゃないかと思います。
実際私もそうだったのですが、探してみると結構ありました。


そして今回増設したのはpidではなく、こちら。

建築業界では言わずとしれたカワジュン製。SC-499。
長さ3.6m、耐荷重10kg。 ちなみにpidは長さ4m耐荷重10kgでほぼ同じですね。


pidよりもお高めでしたが、メタル感がかっこいいな~と、実物見て使ってみないとお客様にオススメできないし!と、こちらに。
本体のズッシリ感があるのと、メタル感が好きな方にはこちらもいいかもしれません。
ホワイトもあります。


でも白い壁になじむのと金額とデザイン性でいくとやっぱりpidはいいですね~。




他にも、お客様が探してこられたこちら。

ブルックリンランドリール。

これも実用的でいいです。
ロープというかベルトに穴が開いているので、たわんでもハンガーがずれる心配がないのです。
しかも、本体が首が振れるので、壁が対面していなくても取り付け可能で、長さ4m耐荷重15kg。



他にもいろいろありました。

耐荷重5kgですが十分だと思います。
普段は本体を取り外してフックとして使えるそう。



海外のホテルのお風呂でこんなんついてたな~。
長さ2m耐荷重10kg。


カワジュンにもう1種類ありますが、長さ2.7mで耐荷重3kgとなっていました。


他にももっと安いものもありましたが、安すぎると耐久性とか心配ですが、めったに使わないチョイ掛けにはいいかもしれません。


室内干しは一年中するわけではないので、使うときだけ出せるランドリーロープはとても便利です。
天井に付けるホスクリーンとかありますが、いちいち長い物干し竿を振り回して出したり収納したりするのがめんどうだし、第一その長い竿を収納できるのかと思うと、結局出しっぱなしになるんじゃないでしょうか。
それが洗面室や2階のホールなどならいいのですが、リビングはちょっと、、、、。
でも部屋干しして加湿したいのはリビング。。。。


というわけでランドリーロープがおすすめです。
一年中室内干しをして、そのスペースがある方はもちろん固定式のものがオススメです。

もしDIYで取り付けの際にはくれぐれも下地がちゃんとあることを確かめてくださいね。

Category : DIY
0

自立循環型住宅設計

先月と先週、全2回の自立循環型住宅設計講習会というのに行ってきました。

オットに半休をとってもらって子供を見てもらい。

自立循環セミナー

もう1回ちゃんと読みたいけど、、、、、
分厚い、、、細かい。。。。ううッ。




自立循環型住宅。。。。

なんでこんなネーミングにするんでしょうね。

名前だけ聞くとなんだかすごい仕組みの家のように聞こえますが、そうではありません。
副題は「エネルギー消費50%削減を目指す住宅設計」とあります。


講習会の案内には、

自立循環型住宅とは特殊な技術や未完成の技術を用いることなく一般的に入手できる手法・技法の組み合わせで、居住性や利便性の水準を向上させつつも、住宅の居住時のエネルギー消費を50%削減することを目指した住宅。

とありました。

光熱費半分でも快適な家は普通に作れるよ!」ということですよね。
小池さんのクールビズのようなもっとキャッチーなフレーズにすればもっと広まるのにな~と思います。


しかもこのテキストは講習会を2回とも受けた人にしか配布されないそうです。
広めたいのか広めたくないのかわかりません。


今は育児しながらで、ゆるゆるとしか仕事をしていない私が、大それたことを言うのはおこがましいのですが、
将来、原発に頼らない社会を作って行くためには、なるべくエネルギー消費を抑えた家づくりが必要です。


今朝の地震でも原発に異常がないかどうかがニュースになりましたよね。
何かあった時に制御できなくなるようなものに頼るのは怖いです。

ですが、現状だと、原発を使わないと火力発電所に頼ることになるわけで、どこかの国から燃料を輸入して、CO2を排出し続けることになります。



最近は、ゼロエネルギー住宅、パッシブハウス、低炭素住宅、自立循環型住宅。いろいろな名前の手法があります。
求めるレベルに違いはありますが、目指す方向は同じと言えます。


ゼロエネルギー住宅(ZEH)という言葉の方がわかりやすくて世間的にも先行して認知されつつありますが、断熱や気密をたいして強化せず普通の家を建てても、高効率の設備を入れて太陽光発電の大きなものを載せれば、ゼロエネルギー住宅は作れてしまいます。
電気代がかかっても太陽光発電で創エネしてトータルでエネルギーはゼロ以下になれば、それはゼロエネルギー住宅と言えるからです。
ですが、それではおおよそ快適な家とは言えません。

ベースの家が省エネルギーな家なら、載せる太陽光パネルを少なくしてもゼロエネルギー住宅が実現できます。

太陽光は後からでも施工可能です。
予算が限られている新築時にはなるべく、断熱強化に予算を使って、ベースを省エネな家にしておくことがお勧めです。
そうすることで、室内も快適になります。
省エネということは地球のためだけではなく、もちろん、毎月の光熱費が安いと言うことです。
建築コストはアップしますが、毎月の光熱費は下がります
各部屋にエアコンも不要になり、そのエアコンの予算も建築費に回せます。


以前から書いていますが、実際、我が家の冬はリビングのエアコン1台だけで1階2階もまかなえています。
廊下が寒いとか、朝布団から出るのが辛いとか、足が凍えるとかそういうことはほとんどなくなりました。
それでも電気代はマンション時代よりも半減しています。

工務店の人に、愛媛みたいな暖かい地域でこんなことまでする必要ないと思いますけどね~~とグチグチ言われながらも、樹脂サッシを使い、断熱材を少し厚くして、気密性もあげてもらいました。
ものすごい建築手法を使ったとかそういうわけではありません。
やってよかった、いえ、もっともっとやればよかったと思っているくらいです。


棚を付けたり、家具を買ったりはあとからいくらでもできますが、断熱や気密は建築時にしかできないことが多いからです。



う~~ん、実はこのブログ、書くのに3日以上かかっています。わたしもまだまだ勉強中なのでうまくまとまらない。。

先日、知り合いの工務店のパッシブハウスを見学させてもらいました。進んでいるところはホントに進んでいます。

私に出来ることはほんとに微々たることですが、使いやすい間取り、動線、デザインの設計だけでなく、省エネで快適ということも実現できるように、日々勉強です。





0

IKEAのキッチンツールハンガーをプチリフォーム

育児ブログの方にも書きましたが、先日、久しぶりに関西へ行き、1歳児連れ&強行スケジュールの中、フライングタイガーとIKEAだけは寄って帰りました。
フライングタイガーのプチプラでかわいくてウィットの効いた雑貨類にはほんとテンション上がります。
flyngtiger.jpg
2個で100円の人形。ツリーとかに飾ったらコビトがいっぱいみたいでかわいいだろうな~。
って後から気づきました。もっと買っておけばよかった。
まあ、そもそもツリーが無いので出来ませんけどね。



ikeabox.jpg
IKEAでは箱ものばかり購入。
今、押入れの改革?!に乗り出しているので、ついつい買ってしまいました。


ですが、帰ってきてみると、ああ~あと1個買っておけばぴったりだったのに~。などが多い多い。
時間が無い中、めちゃ調べていったつもりだったのに、残念。それでも気にいるものが買えて満足です。
あ~~近くにあったらいいのに!



そのついでに、今回IKEAに行って購入した物でプチプチリフォーム。

我が家のキッチン。
ダイニング


キッチンの袖壁につけているこのレール。
キッチンツールハンガーbefore
IKEAのGRUNDTALの80cmです。定番ですね。
grundtal-reru__0464071_PE609180_S4.jpggrundtal-s-zi-fukku__0464073_PE609182_S4.jpg
HPより画像お借りしました。



キッチンツールハンガー1
細かいですが、これほんとは金具の取り付け方がちょっと違いますが、我が家はちょっとサイズが合わなくて向きを逆に付けています。



この同じGRUNDTALのS字フックを付けていたのですが、こちらに替えました。
fintorp-fukku__0156670_PE314779_S4.jpg
FINTORPのフックです。
シリーズが違いますが、ピッタリあいました。

S字フックの方が付け替えや追加、洗ったりもしやすいのですが、時々引っかかって落ちるんですよね。
それがこまか~いプチストレスで。
このフックだと絶対落ちません!
キッチンツールハンガー2

after
キッチンツールハンガー完了
まあ、ぱっと見、全く違いは分かりませんが。笑


実は我が家では、同じGRUNDTALのレールとFINTORPのフックの組み合わせを洗濯機横にも付けています。
キッチンとは違って、洗濯機横はフックが落ちたら洗濯機と壁の間なので、取りにくくてとてもめんどくさいことになります。

簡単に付けたり外したりは出来ませんが、こちらの方がオススメです。

チョー細かいプチリフォームのご紹介でした。




Category : DIY
0

パワフルな両親と秋冬の家庭菜園

育児ブログの方にも書きましたが、約半年ぶりに九州から両親がきてくれました。
金曜の晩に到着して日曜の晩までの2泊3日。


そのほとんどの時間を草刈り、庭木の剪定、倒れ気味の木の支柱立て、庭木購入、それを植えてもらい、そして家の中の大工仕事、、、その合間に孫と全力で遊び、、、、と、半年前と同じく、今回も目いっぱいいろいろとやってもらいました。


土曜の朝から草刈りを始め、草刈り機を使うことや掘ったり抜いたりの力仕事は父、黙々とそして延々と細かいところまでの草刈りや剪定は母、と暗黙の役割分担。


そして強風ですぐに倒れてしまう庭木の支柱立て。
IMG_6485.jpg
支柱から作ってしまう父。。。すごい。

ユーカリ2本とロシアンオリーブ。
どちらも急に大きくなったもので、まだ根が浅いのだと思います。
1本のユーカリはお隣側にあって先日の強風時にお隣の敷地しかも駐車場スペースに倒れてしまい焦りました。


そして伸びすぎた枝の剪定と移殖。
IMG_6498.jpg

これはウンリュウヤナギという木です。
2年位前?に苗木が売られていて、リースの材料に使えるんじゃないかとあまり深く考えずに購入しました。
確か500円くらいだった気がします。。。

柳だし、あんまり目立つところには植えない方がいいかなと、これまた深く考えずに隣家と我が家の間の西側に植えていました。
ところが、最初の1年はたいしたことなかったのですが、2年目にグングン成長して、大きくなってしまいました。
塀があるとは言え、柳なので強風時はお隣側に迷惑をかけそう。

と言うわけでがっつり剪定して移殖。
ユーカリと同じくもっとちゃんと調べて考えた場所に植えるべきだった。。。


他にもセイヨウニンジンボクやモリモリになったアメジストセージをバッサバッサと剪定。

IMG_6541.jpg

文字通り山盛りの雑草の山が2個。



半年前にきれいに草刈りしてもらって以降、この夏は結構頑張って草刈りや手入れをしていたつもりでしたが、やはりレベルが段違い。すっきり。

20161102.jpg
今朝の写真。



201604108.jpg
ちなみに半年前の写真。
植栽がめちゃ大きくなってる!!



そしてついでに今現在の家庭菜園。

家庭菜園201610

夏野菜で、ナス、ミニトマト、きゅうり、ピーマン、パプリカを植えて、結構収穫できて、ちょっと満足してしまい、次への意欲が沸かなかったのですが、終わったトマトときゅうりの場所をそのままにするのもみすぼらしくて、秋になってからキャベツとブロッコリーを植えています。
うまく出来る気がしないな~。
そして、今回、母からもらったアスパラの苗とえんどう豆の苗を追加。

ブロッコリー1

早速アオムシかバッタにやられています。
無農薬で育てるにはこまめに虫を取らないといけないそうで。
子供向けの絵本で「はらぺこあおむし」と言うのがありますが、リアルのアオムシもすごい食欲なんですね。


もうひとつのキッチンミニ菜園の方。

IMG_6556.jpg
ごちゃっと、しょうが、バジル、パセリ、ブロッコリー、虫除けのハーブ類。
こちらは夏の間はシソやバジルが大量のバッタに食べられて全然ダメだったのですが、寒くなってきてやっとバジルが元気になりました。
そして母からの大量のネギの苗も追加。


2日間、めいっぱいいろいろやってもらって、日曜の晩にフェリーで帰って行きました。
相変わらずすごいアラ70です。笑。


剪定したウンリュウヤナギの枝はいい生け花の枝ものになるそうで、葉っぱを落として飾ってみたら、いい感じ~~。
ウンリュウヤナギ1
しかし、今は娘ちゃんが触ってめんどくさいことになりそう。

なのでもっとこれが似合いそうな友人宅にもらってもらいました。


該当の記事は見つかりませんでした。