ナガメの家づくり日記

2014年3月、ナガメのよい土地に自宅を建てました。デザインも飽きのこない、予算も無理をせず、省エネでナガ~く住める家づくりのために、建築士として施主としてゆる~く情報発信していけたらと思います。
1

J様邸Web内覧会

育児ブログの方ではモヤモヤばかりを書いてしまってますが、仕事の方は順調です。


そして、我が家の転勤話ですが、、、保留になったようです!
。。。。保留って???!
オットの会社の事情なのでほんとのところはよくわからないのですが、どうやら引継ぎが相手の体調不良でうまくいかないらしく、大阪行きは人選から再度検討することになったそうで、でもどうしても他に適任者がいなければやっぱり行ってもらうこともあるかも。。。。というような。なんとも中途半端な。
この1ヶ月振り回されっぱなしで、なんだかすっきりしませんが、しょうがないです。
このままとりあえず田舎暮らしを楽しむことにします!



気を取り直して!
担当させていただいていたJ様邸が先週末お引渡しでした。

我が家を気に入っていただいて担当させていただいたY様のご友人のJ様。
途中3人目のご出産があり、今はそのお子様ももうすぐ6ヶ月。
打ち合わせしていた頃はお腹にいたのにと思うとしみじみ~~。


土地は新規分譲地の56坪で西道路。東隣は桃の木などが植わっている畑で視界が開けています。
遠くには石鎚山麓が臨める穏やか~な土地。

ご夫婦共にとてもおおらかで仲が良くて、毎回の打ち合わせがとても楽しく進みました。
元気なお子様3人とご夫婦のイメージから、私にしては珍しくポップなカラーが入り、元気で明るい素敵なおうちになりました。

写真なんぼでもアップしてください!とうれしいお言葉をいただいたので、インスタに続き、Web内覧会させていただきます。


玄関を入ると玄関収納があり、リビングの入り口は水色のドア。
IMG_8983.jpg
ホールにはトイレと独立の手洗いがあり、以前ブログで紹介した砥部焼きのボウルがここでこうなりました。
砥部焼きのボウルは子供達のイメージの柄を入れてもらっています。
ゴールドのドアノブと水栓がアクセントに。
排水管をPトラップにしたので足元もすっきり。

こんな手洗いなら子供たちに「帰ってきたら手を洗いなさ~い」って言っても喜んで洗ってくれそうです。笑


リビングを入ると吹き抜けのリビング越しにウッドデッキ。
その奥はお隣の桃畑と雪化粧をした石鎚山麓が見えます。
IMG_8978.jpg



リビング横には和室。ひそかに私のお気に入り空間です。
IMG_8979.jpg
予想はしていたけど、予想以上にかわいい!
畳は和紙畳の墨色です。ブラックなんですが、実際は濃紺に見えて素敵な色です。壁の白とよく合います。
和室ですが、リビング横なので建具は木目、カーテンも木製ブラインドにしました。
ブラインドは白木色ですがブラックのラダーテープを入れてもらいました。完全に私の好みで進めちゃいました。笑

上のランマ状の垂れ壁は、将来的にここに扉を付けて間仕切るかもしれないのでそのときに工事がしやすいように。
今は扉は無くてオープンなので飾りになっていますが、いいアクセントになっています。


そしてこの和室にさわやかなアクセントになっているのが水色の花びら照明。
この和室の照明はご夫婦と散々悩んだのです。→

そして見つけたこれ。
水色照明

村松さちえさんという照明作家さんの作品。
ホームページもめちゃくちゃ素敵です。
www.sachiemuramatsu.com



さきほどのリビングドアの水色にあわせて水色でオーダーしたもの。
水色リンク
実はリンクしています。カワイイ~。
和紙なのですが、このおうちにピッタリです。



続いてダイニングからの眺め。
IMG_8980.jpg
ダイニングはキッチンと横並びスタイルです。我が家もそうですが、とっても楽なんです。
お代わり~とかちょっとお茶入れようかなとか思っても、対面キッチンだとまわりこまないといけないのですが、この動線だとすぐなのでめんどくさくないのです。はいはい~~って返事できます。笑

ぐるっと周れるアイランドキッチン動線になっていますが、レンジフード横には壁を作って玄関ホールからの目隠しになっています。
奥にはオープンの収納棚。奥様はお料理が趣味で、梅仕事やらっきょう漬けなど季節ごとにいろいろ楽しんでおられて、その瓶をここに並べる予定。とても楽しみです。



背面にはお持ちの冷蔵庫と食器棚を入れ、横にはカウンターとオープン棚。キッチンの方のカウンター下はオープンでゴミ箱スペースです。
ダイニングテーブルの背面には家族の本棚&PCデスクコーナー。
神野邸ダイニング
ダイニングセットも事前にサイズなどを相談しながら注文できたので、キッチンカウンターの方はそれに合わせることが出来て、当たり前ですがぴったり!



洗面室は広々3.3帖。アイロンも掛けられるカウンターとたっぷり収納棚付です。
洗濯物は勝手口から出てデッキに干すことも、2階のバルコニーに干すことも室内干しも出来るようにもしてあります。
バスルーム入り口横にはバスタオル掛けとその下にバスマット掛けも付けました。
IMG_8981.jpg



そして階段を上がると途中の中2階にフリースペース。
IMG_8982.jpg
実はここ奥様のエアリアルヨガスペース。ハンモックで天井からぶら下がってやる今流行りのヨガです。
天井高を高くするために、実は下の洗面室とバスルームは通常より天井高が20cm低くしてあります。
そして梁を現しにして、、、、ぶら下がれます。気持ちよさそ~~。
大きな窓からはのどかな田園風景と雪化粧した山々。いい景色です。うらやましい。


出産が途中にあったことで、ほとんどのことを出産前に前もって打ち合わせしておいたおかげで、途中で慌てることもなく、スムーズにいろんなことが進みました。
やっぱり計画的な打ち合わせは大事です。
リビングカーテン神野邸
クロス施工前にカーテンが決まったので、そのカーテンに合わせてマガジンラックもグレーとレモンイエローに出来たり。



水色のドアやカラーのカーテン等、ポップな色も入っていますが、ポップすぎず、子供っぽくも無く、いい感じです。
う~~ん。ざーっと紹介しましたが言い足りないくらい!
これからシンボルツリーを入れたり、ご主人が自ら芝植えなどをされる予定なので、グレーの外観やおいおい細かいところもアップしていくかも。笑


最後にJ様、ありがとうございました~~。今後ともよろしくお願いします。
それからJ様をご紹介くださったY様もありがとうございました~。

1

乾燥時期の無垢フローリング

リビング夜
近くの山道で剪定して放置されていた桜の枝を拾って来ました。


5月の大阪転勤で浮き足だっていて、夜な夜な物件検索しています。
職業柄、住むところにはこだわりたい。
ほんとは古いマンションとかでリノベーションして住んだりとか、ルーフバルコニーつきのマンションとかに憧れますが、賃貸だしね。探してもなかなかこれと言うのが見つかりません。。いまだにエリアも決まっていないし。


そんな中、こんなサイトを見つけました。→ https://www.goodrooms.jp/osaka/

普通の不動産情報のサイトと違って、物件もコメントも面白くてついつい延々と見てしまっています。
こういう仕事も面白いな~~。



こういう風に、やっと転勤に向けて気持ちを切り替えて、いろんな方に連絡したり、リサーチしたりしていたのに、、、、、
会社の内部の事情で、転勤の延期、または取り消しの可能性が浮上して来ました。。。(;゜0゜)
もう、、、、どないやねん!!!



気を取り直して、、、、
我が家は無垢フローリングです。
無垢フローリングは手入れが大変だという風に思っておられる方も多いと思いますが、そんなことないと思います。
普段の手入れは掃除機だけでOK。

ただ、乾燥による伸び縮みは起こります。
今、おそらく1年で最も乾燥している時期ですよね。
フローリングは乾燥して縮んでいる時期です。

我が家のフローリング。
オーク4
オークの巾150mmで厚みが18mmというちょっと贅沢なものです。
ですが、乱尺という長さが短いものから長いものまでバラバラのもので、しかも節有りのグレードなので、無垢フローリングの中では比較的安いものです。

実は上の写真は新築1年目の7月のもの。
間がつまってます。



そしてこれが現在。
オーク3
少しスキマが大きくなっているの分かりますかね?


オークは多分伸び縮みは少ない方のようですが、それでもあります。

今年で3回目の冬。

はかって見ると大きい所で2mmくらい?
オーク2
写真だとわかりづらいかな。

よ~く見てみると明かりの加減によって、ほこりや小さなゴミがはまっているのが見える場合もあります。
どうしてもその埃が気になるような少し潔癖症気味の方なら、やめておいた方がいいかもしれません。
私はすこーし気になって時々掃除機で吸います。

まあ、毎日掃除機かけてないからほこりが入っちゃうんでしょうけど。気にしてないってことですね。ww
オットに至ってはスキマがあることにも気づいてないと思います。笑



このスキマが湿度の高い夏には小さくなり、乾燥する冬には大きくなります。これを繰り返します。



仕上げはクリアオイル。表面に膜を張る仕上げではなくオイルが浸透している仕上げで、テカテカ感はありません。
多少の水やシミは拭けばすぐに取れます。
その際は堅く絞ったふきんやティッシュなどでその部分だけ拭きます。

子供が小さいので、気づけばよだれだったり、飲み物だったりいつのまにかいろいろ落ちている量が増えましたが、大体は拭けば取れるので特に目立つ汚れ等はついていません。気づいてないだけ??

たまにお掃除好きで水拭きしてしまう方がおられますが、オイル仕上げの無垢フローリングには水拭きは厳禁です。
せっかくのオイルの効果が薄れてしまい、白っぽくなってシミが付きやすくなります。

※無塗装の場合は違います。すぐにシミや垢などが付いてしまいますので、個人的には無塗装はおすすめしません。



少し金額が高いですが、もしも次回家を建てることがあったとしても無垢フローリングを選ぶと思います。
だって1年中サラサラで足ざわり最高です。
床暖房は入れていないので冬はさすがにスリッパを履きますが、冬以外はなるべく裸足でいたいです。
特に夏はとっても気持ちいいです。

足触りだけで言えば、メイプルやチェリーなどの方がさらにキメが細かくてしっとりしていてずっと頬ずりしたいくらいの質感です。

木目的にはきれいな北欧風のインテリアにあうのはメイプルやチェリーかな~。
アイアンや革ソファなんかに合うのはオークやアカシア、ウォルナットだと思います。


我が家は北欧風の明るい木目のインテリアではないのでオーク。
オークは堅い樹種なので傷もつきにくいです。
もともとがざっくりしている模様なので多少の傷が入っても気になりません。

樹種によって堅さも木目もいろいろです。伸び縮みの具合もいろいろです。


最近は突き板のフローリング(表面だけが無垢)も質がいい物は無垢フローリングより高かったりしますが、伸び縮みはほとんどないと思います。


玄関収納10

我が家は余ったフローリング材を置いておいてもらって、棚板にしました。
写真はパントリー。
こういう風に使っても違和感がないのは無垢板ならでは。
堅い木なので父がせっせと苦労して実(さね)をカットしてくれましたが、大工さんなら簡単に加工出来ます。




にしても転勤話、はやくはっきりしてほしい!o(`ω´ )o


1

田舎暮らしが楽しい!!。。。なのに!

私は大分県の田舎育ちで、大学で岡山、就職して京都で暮らしました。
そして、縁あって5年前に愛媛在住の今のオットと結婚し、松山市へ転居。それから2年後に家を建てて愛媛県の松山市郊外のそこそこの田舎で暮らしています。

そこそこというのは、頑張れば歩いていける距離ににコンビニがあり、松山市の中心にも渋滞していなければ車で20分ほどで行けて、スーパーも車で10分以内、大型のショッピングモールにも15分ほどでいける、、、くらいの田舎です。
地方都市だと結構このくらいの地域って多いんじゃないでしょうか。
車がないと不便ですが、車さえあれば全然不自由ありません。むしろほんとに暮らしやすい。
松山のオシャレ女子に人気のカフェも徒歩圏内にあったりして、ひそかに、いえ、声を高らかに、ここはいいところだ~~と叫びたいくらいです。

家を建てる前はオットが独身時代に購入していた、街中の分譲マンションで、徒歩1分で松山市の中心の商店街に出られるという、めちゃ立地のいいマンションに住んでいました。
とても便利でカフェやショッピングはいつでもいくらでもいける場所だったので、田舎に引っ越すと決めたときには少し寂しくもあり迷いもありました。


ですが、おそらく、というか確実に私にはそこそこの田舎があっています。

だってとても楽しいのです。

田舎は土地が安いし広いので、家らしい家が建てられます。
どこに行くにも電車やバスではなく車で行けるし、近所の人は優しいし、みかんや野菜やらたくさんいただいたり、物価も安いと思います。多分都会で問題になっている待機児童の問題なども心配いらないような。
(田舎が全部そうだとは限りませんが)
IMG_1492.jpg
引っ越してきてすぐにお向かいさんからいただいたほうれん草とデコポン。


残念ポイントは愛媛に(というか四国に)IKEAやコストコがなく、オシャレ雑貨屋さんが少ない、こと。
でもいい歳になってきた今となっては物欲もなくなり、しかもネットショッピングでいくらでも買える時代。
あと、市街化調整区域なので公園が近くにない。子供が楽しめるレジャー施設やイベントが少ない、セミナーやコンサートなどは少ないこと。
ですけど、コンサートやセミナーは幼児を抱える今はどっちみちほとんどいけないし、公園がなくても自然はいっぱいあるし、電車やバスよりも車が好きだし、人が多いレジャー施設はほんと苦手だし。
あとは夏は虫が多かったり、時々ヘビが出たり、時々堆肥の匂いが漂ってくることが田舎ならではかな~


でも、春は歩いていけるところに誰もいない絶景の花見ポイントがあるし、
hanami.jpg

夏は朝起きて井戸水で庭の水遣りをして、家庭菜園のきゅうりやトマトを収穫。
野菜1

かえるがいたり。
IMG_6961_201702071609544ba.jpg

蝶や鳥がいつでもいて。
アゲハ



デッキからの夕日。
dekkiyuuhi.jpg


秋は庭の枝でリースやスワッグを作って友人にプレゼントしたり。
リビングフック1


冬も暖かい家の中でまったり。庭の花や枝を窓に飾ったりドライフラワーにしたり。
クリスマス窓3

小春日和の日には庭で散歩。
niwasanpo.jpg



ひとつひとつやりたかったことが現実になっていく毎日がとても幸せです。

これからもDIYでどんどん家をカスタマイズしていきたいし、庭づくりも素敵ガーデンを目指して少しずつ好きな木や花を植えて、畑も広げていくぞ~~。
今年は娘のために庭に砂場をつくろかな。ブランコ吊るそかな。
とか思っていました。

ここに家を建ててよかった~~、田舎暮らしばんざ~~いっって思ってました。
都会で心身を消耗する人生で終わらなくてよかった~~って思ってました。

田舎は資産価値とか低いかもしれないけど、限りある人生、資産価値よりも家族が幸せだと感じる豊かな時間の方がよっぽど価値があって大事だと思うんですよね。




なのに、、、、
まさかの全く予想していなかったことが起こりました。まさに青天の霹靂。

なんとオットに大阪転勤の辞令!!!!

がーーんがーーん(。>(ェ)<。)エエェェェ

オット、そういえばサラリーマンだった!そういえば支社のある会社だった。でもその可能性はほとんどないって聞いていたのに!
もういい歳だし、今の部署が天職でとてもあっているって言っていたし、本人にとっても青天の霹靂だったようで、かなりショックを受けていました。
家を建てたら転勤って話はよく聞きますが、まさかわが身に起こるなんて!!


娘はやっと1歳半。きっとこれからが一番かわいい時期でしかもいやいや期でもあります。
娘をめちゃかわいがっているオットがこの時期を見られないのはかわいそう過ぎるし、イヤイヤ期を私一人で乗りきれる気もしないし、私の仕事はなんとかなるし、ついていくことはすぐに決心できました。
一瞬、オットが主夫になって私が頑張ってもっと稼ぐか!って話にもなったのですが、オットにも私にもそんな勇気がなく。


ですがオットの会社は愛媛県が本社なので、おそらくいつかは戻ってこられると思います。
早くて2年、遅くて5年?もしかして10年??
どうなるかはわかりませんが、住宅ローンもまだまだなが~く残っているので賃貸に出したりした方が家計は助かるのですが、もしかしたら2年で帰れるかもしれないし、私の仕事も愛媛であるので帰ってきたときに泊まる所が必要だし、賃貸に出さずに(そもそもこんな田舎で需要があるかも不明)ちょくちょく帰ってきてなんとか維持して行こうと思います。

決心はしたものの、愛媛で友人も増えてきてさらに楽しくなってきていたのに、大好きなこの家をこの土地を離れるなんて、とっても残念という感情がじわじわじわじわ沸いてきます。

しかも帰ってくるたびに雑草がボーボーになっていたり、家は住まなくなると傷みが早いって言うし、虫やクモの巣が増えていたりするのかな~とか想像して憂鬱になったり。



5月から異動と言うことで、これから大阪で家探しをしなければなりません。
5年前までは京都にいたので友人にはまた会いやすくなりますが。。。。

とほほ~~~~~。




該当の記事は見つかりませんでした。