ナガメの家づくり日記

2014年3月、ナガメのよい土地に自宅を建てました。デザインも飽きのこない、予算も無理をせず、省エネでナガ~く住める家づくりのために、建築士として施主としてゆる~く情報発信していけたらと思います。
0

なぜか温まらないを考える備忘録

今週は寒いですね~。
暖かいイメージの愛媛でも十分寒いです。
日曜は雪もちらほら。


寒いのでじっくり読書とかしたいのに、なかなかのんびり読めません。
図書館で借りてきて、まだじっくり読めていないのに、返却期限が迫ってて焦っていつもざっと読めたり読めないまま返しちゃったり。

その中の1冊の図書館で借りた過去のインテリア雑誌のページがいい感じだったので備忘録。

雑誌参考ページ

これいいなあ~。
実用性と遊び心とデザインを兼ねていてこういうの好きです。

でも窓は少なくても樹脂窓か木製サッシでペアガラスかトリプルガラスにしたいです。結露したり寒かったら台無しです。笑


雑誌参考ページ2
これも素敵です。
こういう雰囲気も好きですが、夏はチョー暑いんだろうな~~。笑




話はかわりますが、
過去にも書いていますが、我が家はなんちゃってパッシブ仕様です。
冬はリビングにあるエアコン1台を24時間稼動し、家中まかなえています。


と書いてきましたが、、、、なぜか、今年はなんとなく寒い。。。。

我慢できないレベルではないのですが、エアコン24℃設定で、リビングが18~19℃台。人がいない夜中や冷え込む朝は17~18℃台まで落ちていて、1階のリビングから一番離れた洗面室は16℃台、2階の寝室もそれぐらいまで下がっています。
湿度も低いときは25%とかまで下がってます。
去年もそうだったかな~と思って、ブログを振り返って見ると、、、、

そんなことなかった。


去年のブログ→
同じ記事で我が家のスペックとC値が悪かった原因も書いてます。

一昨年のブログではカーテン付けて、24℃設定で、リビングで21~22℃、洗面室、寝室も18~19℃になった!と書いてました。



何も変わっていないのに、、、、なんでだ???!(°_°)



どこか窓が開きっぱなしなのかとか本気で思いましたが、開いてない。


思い付いた理由を列挙すると

・換気システムの風量を夏に上げていた。
我が家は熱交換型第1種換気システムを採用しています。
ローヤル電機のSE200Rというもの。
いいものだと聞くのですが、実際、他の設備との比較が出来ないので正直よくわかりません。
熱交換型で性能もいいはずですが、給気口のあたりはひんやりとした風をかすかに感じます。
風量は1時間に0.5回空気が入れ替わるよう設計段階で計算された換気量を元に設定されているので、本来変えてはダメなのですが、意外と音が大きかったこと、給気口で感じる風がちょっと不快だったこともあって、入居後、自己責任で風量を落としていたんです。
(天井点検口内の本体の脇に風量設定つまみがあるので、普通は触らないところです)
ですが、今度は焼き魚などをした時の匂いがなかなか抜けなかったりして、やっぱり風量は設定どおりにしようと夏にあげていたのでした。

幸い、今のところ結露も起こっていないし、再度風量を落としてみました。



あと、考えられるのは、、、

・エアコンの不調?
取説を見ると、暖まらない原因にフィルターに埃がたまっていると言う項目がありました。
確かに、一度も掃除していなかった。。。。(去年の大掃除の時にオットがしてくれたと思っていたらしていなかったという勘違いがありまして)
日曜に頑張って掃除してみました。確かに結構たまっていました。
これで頑張ってくれればいいけど。



・エアコンの設定の変更したかも?

風向の変更はしたけど、それ以外はしてないと思うけど、正直わかりません。


・部屋干しの位置を移動した。
去年の冬はエアコンの真下に折りたたみの室内干しを持ってきて干していました。
今年は先日ランドリーロープをつけたので、そこに。
リビングの湿度が下がっている原因に少しはなってるかもしれないけど、そこまで温度が下がるとは思えない。。。

・壁にフックをDIYした。
関係なさそうですけど、実はこれ、場所によっては気密シートを破ってるんですよね。
ほんとはしない方がいいのですが、便利さを優先してしまいました。
どっちみち我が家はC値悪かったし、ビスの数本はたいして変わらないだろうって思ってしまいました。これが原因なら自業自得ですが、でもフックをしたところがスースー冷気を感じるってところもないです。
ですが、もしかしたら原因の一部にはなっているかもしれません。


・最悪な原因は壁内の断熱材の性能劣化。
これだと一番最悪です。しかも目に見えない部分なので、今のところどうしようもありません。
そんなこと起こってないと思いますが、ロックウールは壁体内で結露等があると本来の性能が保てなくなります。

我が家の大工さんは気密施工は不慣れな方だったんですよね。。。
ん~~まさか。


エアコンの掃除して、換気システムの風量を変えたことで、少しは上がりました。
でも20℃まではいかず、外気温との関係もあるし、まだなんともいえません。

そもそも今の時期は、1階のエアコン1台ではまかなえないのだろうと思い、2階のエアコンもつけてみましたが、2階は十分暖かくなったのですが、1階はたいして変わりませんでした。

なんでだ?
やっぱりエアコンの不調なのかな??
もう少し様子見です。


とはいえ、日差しがある日は温度も20℃は超えてきます。家の中で凍えることもないし、十分なんですけど、、、、理由が分からないのが気になります。
ただただ、今の時期が外気温が低い日が続いてるだけかもしれません。
もっと知識をつけて、もっともっと気密断熱性能をあげておけばよかったな~とも今更ながら寒い日は思ってしまいます。


理由も分からず、結果もわからない面白くもなんともないブログになってしまいましたが、すべて備忘録ということで、すみません!




該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する